補足構造の例外(Ⅱ)。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

補足構造の例外(Ⅱ)。

(01)
① 鈴木社長です。
② 社長は鈴木です。
といふ日本語に、問題はないが、
① 人間動物である。
② 動物は人間である。
とは、言へない。
然るに、
(02)
② 社長は鈴木です=
② 鈴木でないならば社長ではない=
② 鈴木以外は社長でない(排他的命題)。
は、「対偶」である。
従って、
(01)(02)により、
(03)
AがBである=
AはBであり、A以外はBでない。
といふ「等式」が、成立する。
然るに、
(04)
Aが=A+濁音
Aは=A+清音
であるが、
なぜ私達は濁音に迫力を感じるのでしょうか。なぜ清音に爽やかさを感じるのでしょうか。実は、この感覚は人類共通のものなのです(新潮新書、「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」
の書評?)。
従って、
(04)により、
(05)
Aが は、
Aは よりも、「心理的な音量」が大きいといふ意味で、
Aが は、
Aは に対する、「強調形」である。
加へて、
(06)
A以外はBでない(排他的命題)。
といふ「意味」を込めて、それを言ふ場合、
AB也=A is B。
に於ける、
A は、「より大きな声」で、発音される。
従って、
(04)(05)(06)により、
(07)
Aが は、
Aは に対する、「心理的な音量」による「強調形」であるが故に、
AがBである=
AはBであり、A以外はBでない。
といふ「等式」が、成立する。
然るに、
(08)
誉A=Aを誉め(A以外は誉めない)。
といふことを、言ひたい場合は、
誉A。の、
Aを、「より強く発音」するはずである。
従って、
(08)により、
(09)
誉A。 といふ「漢文」の、
Aを、「強調」すると、
誉A=Aを誉め(A以外は誉めない)。
といふ「意味」になる。
然るに、
(10)
動詞についての目的語は、その動詞の後に置かれるのが、漢語における基本的構造としての単語の配列のしかたである。また、漢語における介詞は、ほとんど、動詞から発達したもので
あって、その目的語も、その介詞の後に置かれるのが、その通例であるということができる。しかし、古代漢語においては、それらの目的語が、疑問詞である場合には、いずれも、その動詞・介詞の前に置かれる。このように漢語としての通常の語順を変えて、目的語の疑問詞を前置することは、疑問文において、その疑問の中心になっている疑問詞を、特に「強調」したものにちがいない(鈴木直治、中国語と漢文、334・335頁)。
従って、
(09)(10)により、
(11)
① 誉汝=汝を誉む。
に対する、
② 誰誉=誰をか誉めむ(論語、衛霊公)。
といふ「前置(強調形)」は、
② 誰誉=誰かを誉め、その誰か以外は誉めない。
といふ「意味(排他的命題)」を伴った、「疑問形(WH移動)」である。
然るに、
(12)
① 誉汝=汝を誉む。
② 誰誉=誰をか誉めむ。
といふことは、
① 誉汝=動詞+補足語。
② 誰誉=補足語+動詞。
といふことに、他ならない。
従って、
(13)
② 誰誉=誰をか誉めむ。
といふ「補足構造の語順」は、「訓読」のそれに、等しい。
加へて、
(14)
③ 無友不如己者=己に如しか不る者を友とする無かれ(論語、学而)。
④ 不患人之不己知=人の己を知ら不るを憂へ不(論語、学而)。
に於いて、
④ 己知=己を知る。
といふ「補足構造の語順」も、「訓読」のそれに、等しい。
従って、
(13)(14)により、
(15)
① 誉汝=汝を誉む。
③ 如己=己の如し。
に対する、
② 誰誉=誰をか誉めむ。
④ 己知=己を知る。
のやうな、「倒置(前置)」も含めれば、
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。その補足構造における語順は、国語とは全く反対である(鈴木直治著、中国語と漢文、1975年、296頁)。
とは、言へない。
然るに、
(16)
人有喜与不如己者為友之心。
に関しては、
(b)補足構造を除くと、漢文と訓読の「語順」は、等しい。
従って、
(17)
人有喜与不如己者為友之心。
に関しては、
(a)漢文の補足構造は、「括弧」で表すことが出来る。
(b)補足構造を除くと、漢文と訓読の「語順」は、等しい。
(c)漢文の補足構造を「集合数」で表した時、訓読の語順は、「順序数」である。
と、することが、出来る。
従って、
(17)により、
(18)
人有喜与不如己者為友之心=
人有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}之心〉=
1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉⇒
1〈{[〔(2)3〕45]6(7)8}9AB〉C=
人〈{[〔(己)如〕不者]与(友)為}喜之心〉有=
人に〈{[〔(己に)如か〕不る者]と(友と)為るを}喜ぶの心〉有り。
といふ、「括弧によるソート(漢文訓読)」に於ける、
〈{[〔( )〕]( )}〉
といふ「括弧」は、
人有喜与不如己者為友之心。
といふ「漢文」の、「補足構造」を、表してゐる。
cf.
BLGRJ15
然るに、
(19)
人有喜与不如己者為友之心。
といふ「漢文」を、
ジンイウキヨフツジョキシャヰイウシシン。
といふ風に「音読」しても、
人に己に如か不る者と友と為るを喜ぶの心有り。
といふ風に「訓読」しても、
人有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}之心〉。
といふ「漢文の補足構造」自体は、変はらない。
然るに、
(20)
人有喜与不如己者為友之心=
ジンユウキヨフジョキシャイユウシシン。
といふ風に、「音読」するだけであれば、漢文を全く知らない、中学生であっても、可能であるが、
人有喜与不如己者為友之心=
人に己に如か不る者と友と為るを喜ぶの心有り。
といふ風に、「訓読」するには、
人有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}之心〉。
といふ「構造(シンタックス)」が見えてゐる、必要がある。
然るに、
(21)
人有喜与不如己者為友之心。
といふ「漢文の構造(シンタックス)」が、見えるためには、
人有喜与不如己者為友之心。
といふ「漢文」を、「よく見る」必要が有る。
然るに、
(22)
徂徠は、「題言十則」のなかで以下のように述べる。
中華の人多く言へり、「読書、読書」と。予便と謂へり、書を読むは書を看るに如かず、と。これ中華と此の方との語言同じからざ
るに縁りて、故に此の方は耳口二者、皆力を得ず、唯一双の眼のみ、三千世界の人を合はせて、全て殊なること有ること莫し(中村春作・市來津由彦・田尻祐一郎・前田勉 共編、「訓読」論、2008年、27頁)。
書を読むは書を看るに如かず=書を読むことは、書を見ることに及ばない。
唯一双の眼のみ、三千世界の人を合はせて、全て殊なること有ること莫し=ただ、両方の眼だけが、世界中の全ての人に於いて、異なるところがない。
然るに、
(23)
書を読むことは、書を見ることに及ばない。
といふことと、
人有喜与不如己者為友之心=
人有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}之心〉。
といふ「漢文の構造(シンタックス)」が、見えるためには、
人有喜与不如己者為友之心。
といふ「漢文」を、「よく見る」必要が有る。
といふことは、「矛盾」しない。
平成27年06月29日、毛利太。

コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(論理学、括弧、漢文。)
次のページ(返読文字(有、多)。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント