論理学、括弧、漢文。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

論理学、括弧、漢文。

(01)
~P&Q

~P  
~P∨~Q 
~(P&Q):ド・モルガンの法則。
Q,~(P&Q)
(02)
Q,~(P&Q)

~(P&Q)
~P∨~Q :ド・モルガンの法則。
~Q∨~P 
Q → ~P
~P    
~P&Q   
従って、
(01)(02)により、
(03)
① ~P&Q
② Q,~(P&Q)
に於いて、
①=② である。
然るに、
(04)
~P&Q → Q
従って、
(03)(04)により、
(05)
① Q,~P&Q
② Q,~(P&Q)
に於いて、
①=② である。
然るに、
(06)
~P=~(P)
従って、
(05)(06)により、
(07)
① Q,~(P)&Q
② Q,~(P&Q)
に於いて、
①=② である。
然るに、
(08)
① Q,~(P)&Q 
② Q,~(P&Q)
に於いて、
Q=xは馬を養ふ。
P=xは其の能の千里なるを知る。
とすると、
① xは馬を養ふ、(xは其の能の千里なるを知ら)ない&xは馬を養ふ。
② xは馬を養ふ、(xは其の能の千里なるを知り&xは馬を養ふのでは)ない
従って、
(08)により、
(09)
① 馬を養ふ人は、其の馬の能の千里なるを知らないで、馬を養ふ。
② 馬を養ふ人は、其の馬の能の千里なるを知って、馬を養ふのではない
然るに、
(10)
① 馬を養ふ人は、其の馬の能の千里なるを知らないで、馬を養ふ。
② 馬を養ふ人は、其の馬の能の千里なるを知って、馬を養ふのではない
に於いて、
①=②
であることは、「日本語」として、「自明」である。
従って、
(07)~(10)により、
(11)
① Q、~(P)&Q。 
② Q、~(P&Q)。
① 馬を養ふ人は、其の馬の能の千里なるを知らないで、馬を養ふ。
② 馬を養ふ人は、其の馬の能の千里なるを知って、馬を養ふのではない
に於いて、
①=②
であることは、「論理学」として、「日本語」として、「正しい」。
然るに、
(12)
千里馬
従って、
(11)(12)により、
(13)
① 今養馬者(知其能千理)而養也 ⇒
① 今馬をやしなふ者は(其の能の千里なるを知ら)してやしなふなり。
② 今養馬者(知其能千里而養)也 ⇒
② 今馬をやしなふ者は(其の能の千里なるを知りてやしなは)るなり。
といふ「漢文訓読」は、二つとも、「論理(学)的」に、「正しい」。
然るに、
(14)
② ~(P&Q)
③ ~P∨~Q
④ ~(P∨Q)
⑤ ~P&~Q
に於いて、
②=③ であって、
④=⑤ であるが、
②=⑤ ではない。
従って、
(14)により、
(15)
a「その(馬の)働きが一日に千里も走れるのを知らないし、それ相応に飼育しない」(二畳庵主人、漢文法基礎、1984年、390頁)。
といふ「解釈」、すなはち、
② ~(P&Q) は、
⑤ ~P&~Q に等しい。
とする「解釈」は、「論理(学)的」には、「正しくない」。
然るに、
(16)
① Q,~(P)&Q
② Q,~(P&Q)
から、
① Q,
② Q,
を除き、
③ ~(P)&Q
④ ~(P&Q)
とする。
然るに、
(17)
③ ~(P)&Q
④ ~(P&Q)
に於いて、
③ は、
③ ~(偽)&真
である時に、「真」であり、
④ は、
④ ~(真&偽)
④ ~(偽&真)
④ ~(偽&偽)
である時に、「真」である。
従って、
(17)により、
(18)
③ ~(P)&Q
④ ~(P&Q)
に於いては、
③=④ ではない。
従って、
(18)により、
(19)
③ ~(P)&Q → R
④ ~(P&Q) → R
に於いても、
③=④ ではない。
然るに、
(20)
③ 不(有祝鮀之佞)而有宋朝之美難乎免於今之世矣。
④ 不(有祝鮀之佞而有宋朝之美難)乎免於今之世矣 。
という「漢文」は、
③ ~(P)&Q → R. 
④ ~(P&Q) → R.
といふ「論理式」に、対応する。
然るに、
(21)
 不有而有
従って、
(20)(21)により、
(22)
③ ~(P)&Q → R. 
③ 不(有祝鮀之佞)而有宋朝之美難乎免於今之世矣 ⇒
③ 祝鮀の佞有ら不して、而も宋朝の美有らば、難いかな、今の世を免るること。
④ ~(P&Q) → R.
④ 不(有祝鮀之佞而有宋朝之美難)乎免於今之世矣 ⇒
④ 祝鮀の佞有りて、而も宋朝の美有ら不んば、難いかな、今の世を免るること。
に於いて、
③ は、「古注」の「訓読」として「正しく」、
④ は、「新注」の「訓読」として「正しい」。
平成27年07月07日、毛利太。

コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(敢不、不敢。)
次のページ(補足構造の例外(Ⅱ)。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント