鏡の中の上下左右(AE・∃∀)。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

鏡の中の上下左右(AE・∃∀)。

(01)
② ΑΕ と書かれた「Tシャツ」を着て、「鏡」に向かへば、「鏡の中」で、「ΑΕの文字」は、
① ∃Α に見える。
(02)
② ΑΕ と書かれた「Tシャツ」を、「自分」に向ければ、「鏡の外」で、「ΑΕの文字」は、
② ΑΕ に見える。
(03)
② ΑΕ と書かれた「Tシャツ」を、「逆に」して「自分」に向ければ、「鏡の外」で、「ΑΕの文字」は、
③ ∃∀ に見える。
従って、
(01)(02)により、
(04)
② ΑΕ と書かれた「Tシャツ」を着た人物が、
②「回れ右」をして、「こちらを向いてゐる」のであれば、
② ΑΕ の文字は、
② ΑΕ に見えなければならないものの、「鏡の中」では、
① ∃Α に見える。
(01)(03)により、
(05)
② ΑΕ と書かれた「Tシャツ」を着た人物が、
③「逆立ち」して「こちらを向いてゐる」のであれば、
② ΑΕ の文字は、
③ ∃∀ に見えなければならないものの、「鏡の中」では、
① ∃Α に見える。
然るに、
(06)
① ∃Α を、「基準」にすると、
② ΑΕ は、「上下が等しく・左右が逆」であり、
③ ∃∀ は、「左右が等しく・上下が逆」である。
従って、
(04)(06)により、
(07)
① ∃Α(鏡の中、頭は上)
② ΑΕ(鏡の外、頭は上)
を「前提」にすると、
② ΑΕ と書かれた「Tシャツ」を着た人物が、
②「回れ右」をして、「こちらを向いてゐる」のであれば、
② ΑΕ の文字は、
② ΑΕ に見えなければならないものの、「鏡の中」では、
① ∃Α に見えるのは、何故か?
といふ「疑問(質問)」が、成立する。
従って、
(07)により、
(08)
① ∃Α(鏡の中、頭は上)
② ΑΕ(鏡の外、頭は上)
を「前提」にすれば、
② 鏡が上下でなく左右を反対にするのはなぜでしょうか ... - Yahoo!知恵袋
といふ「質問」が、成立する。
然るに、
(05)(06)により、
(09)
① ∃Α(鏡の中、頭は上)
③ ∃∀(鏡の外、頭は下)
を「前提」にすれば、
② ΑΕ と書かれた「Tシャツ」を着た人物が、
③「逆立ち」をして、「こちらを向いてゐる」のであれば、
② ΑΕ の文字は、
③ ∃∀ に見えなければならないものの、「鏡の中」では、
① ∃Α に見えるのは、何故か?
といふ「疑問(質問)」が、成立する。
従って、
(09)により、
(10)
① ∃Α(鏡の中、頭は上)
③ ∃∀(鏡の外、頭は下)
を「前提」にすれば、
③ 鏡が左右でなく上下を反対にするのはなぜでしょうか ...?
といふ「質問」が、成立する。
然るに、
(11)
「現実」には、
②「Α(頭を上)」にして「振り返る人」≒100%
③「∀(逆立ち)」をして「振り返る人」≒0%
であるため、
① ∃Α(鏡の中、頭は上)
② ΑΕ(鏡の外、頭は上)
③ ∃∀(鏡の外、頭は下)
に於いて、
①&② ≒100%
①&③ ≒0%
従って、
(11)により、
(12)
①&② ≒100% 
に基づく、
② 鏡が上下でなく左右を反対にするのはなぜでしょうか ... - Yahoo!知恵袋
といふ「質問」に対して、
①&③ ≒0%
に基づく、
③ 鏡が左右でなく上下を反対にするのはなぜでしょうか ...?
といふ「質問」は、普通は、行はれない。
然るに、
(13)
① ∃Α を、「基準」にすると、
② ΑΕ は、「上下が等しく・左右が逆」であり、
③ ∃∀ は、「左右が等しく・上下が逆」である。
といふことは、
①&③ は、「矛盾」であって、
①&② iも、「矛盾」である。
従って、
(13)により、
(14)
①「鏡の中の人物」は、「回れ右」をしてゐないし、
②「鏡の中の人物」は、「逆立ち」もしてゐない。
然るに、
(07)(09)により、
(15)
② 鏡が上下でなく左右を反対にするのはなぜでしょうか ... - Yahoo!知恵袋
③ 鏡が左右でなく上下を反対にするのはなぜでしょうか ...?
といふ「質問」は、
①「鏡の中の人物」は、「回れ右」をしてゐる。
②「鏡の中の人物」は、「逆立ち」もしてゐる。
といふことを、「前提」とする。
従って、
(14)(15)により、
(16)
② 鏡が上下でなく左右を反対にするのはなぜでしょうか ... - Yahoo!知恵袋
③ 鏡が左右でなく上下を反対にするのはなぜでしょうか ...?
といふ「質問」は、二つとも、固より、成り立たない。
平成27年08月14・16日、毛利太(ONOMAMEUS)。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(鏡の中の上下左右(ΑΕ・∃Α・∃∀)。)
次のページ(漢文は、英語よりも、論理学的である。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント