返り点、括弧、ミラーイメージ。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

返り点、括弧、ミラーイメージ。

(01)
①「鏡の中の自分」は、
②「回れ右」をしてゐないし、
③「逆立ち」iもしてゐない。
従って、
(02)
①「鏡の中の自分」が、
③「逆立ち」をしてゐない。と思ふのであれば、
①「鏡の中の自分」が、
②「回れ右iもしてゐない。といふことも、認めなければ、ならない。
ところが、
(03)
①「鏡の中の自分」は、
③「逆立ち」iはしてゐなくとも、
②「回れ右」はしてゐるはずである。
といふ風に、思い込む人が、大半であって、その「結果」として、
② 鏡が上下でなく左右を反対にするのはなぜでしょうか ... - Yahoo!知恵袋
といふ「疑問」が、生じることになる。
(04)
① ∃〔Δ(Α)〕⇔〔(Α)Δ〕Ε
等を、「mirror image」とする。
(05)
② 6〔5(4)〕⇒〔(4)5〕6。
等を、「ミラーイメージ」とする。
従って、
(05)により、
(06)
③ 16〔25(34)〕⇒ 1〔2(34)5〕6。
は、「ミラーイメージ」ではない。
従って、
(05)(06)により、
(07)
③ 16〔25(34)〕⇒
③ 1〔2(34)5〕6=
③ 1 2 3 4 5 6。
といふ「ソート(並び替へ)」は、
③ 16〔25(34)〕
に於ける、
③「ミラーイメージでない数字(1、2、3)」をそのままにして、 
③「ミラーイメージである数字(6、5、4)」の「左右」を「入れ換へる」ことによって、成立する。
従って、
(08)
③ 我不〔常読(漢文)〕⇒
③ 我〔常(漢文)読〕不=
③ 我、常には漢文を読まず。
といふ「ソート(並び替へ)」も、
③ 我不〔常読(漢文)〕
に於ける、
③「ミラーイメージでない漢字(我、常、漢)」をそのままにして、 
③「ミラーイメージである漢字(不、読、文)」の「左右」を「入れ換へる」ことによって、成立する。
従って、
(09)
③ 我不〔常読(漢文)〕⇒
③ 我〔常(漢文)読〕不=
③ 我、常には漢文を読まず。
といふ「漢文訓読」に於いて、
③「ミラーイメージでない漢字(我、常、漢)」は、「左から右へ」読み、
③「ミラーイメージである漢字(不、読、文)」は、「右から左へ」読む、ことになる。
従って、
(10)
③ 16〔25(34)〕⇒
③ 1〔2(34)5〕6=
③ 1 2 3 4 5 6。
といふ「ソート(並び替へ)」も、
③「ミラーイメージでない数字(1、2、3)」は、「左から右へ」読み、
③「ミラーイメージである数字(6、5、4)」は、「右から左へ」読む、ことになる。
(11)
④ 19〔25(34)8(67)〕⇒
④ 1〔2(34)5(67)8〕9=
④ 1 2 3 4 5 6 7 8 9。
といふ「ソート(並び替へ)」であれば、
④「ミラーイメージでない数字(1、2、3)」は、「左から右へ」読み、
④「ミラーイメージである数字(5、4)」、3は、「右から左へ」読み、
④「ミラーイメージでない数字(6)」、2、3iは、「そのまま」 読み、
④「ミラーイメージである数字(9、8、7)」は、「右から左へ」読む、ことになる。
(12)
③ 16〔25(34)〕。
④ 19〔25(34)8(67)〕。
といふ「括弧」は、
③ 三 二 一。
④ 下 二 一 中 上。
といふ「返り点」に相当する。
平成27年08月24日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「返り点」の初歩+α。)
次のページ(鏡の中の上下左右(ΑΕ・∃Α・∃∀)。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント