「返り点」の初歩+α。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「返り点」の初歩+α。

(01)
次の「数字」で、「返り点」を学ぶことにする。
ez1.png 
(02)
「レ点」を含めて、「返り点」は、「漢字の左下」に付くものとする。
従って、
(02)により、
(03)
読書=書を読む。
であれば、
書 に対して、「返り点」は付かないし、
読漢文=漢文を読む。
であれば、
漢 に対して、「返り点」は付かない。
(04)
「返り点」が付かない「数字」を、「丸」で囲むと、次のやうになる。
ez4.png  
(05)
「返り点」を付けると、次のやうになる。
ez5.png
(06)
右の「返り点」を、「一二点」だけで表すと、次のやうになる。
ez6.png
然るに、
(07)
六 五 四 三 二 一
と書くよりも、
レ レ レ レ レ
と書く方が、「簡単」である。
従って、
(05)(06)(07)により、
(08)
ez8a.png
といふ「返り点」は、
ez8b.png  
と書くのが、「面倒」であるため、「レ点」で済ませてゐると、思はれる。
然るに、
(09)
ez9.png
であれば、それほど、「手間」は変はらない上に、
二 一レ
二 一レ 二 一
といふ「返り点」は、そもそも、「分りにくい」。
(10)
ez10.png
(11)
(05)に於いて、既に、「確認」が終はってゐる、
ez4.png
といふ「数字」に対して、
レ レ レ レ レ
レ レ レ 二 一
レ 二 一
二 一レ レ レ
レ 二 一レ レ
レ 二 一レ
二 一レ 二 一
四 三 二 一
下 二 一 上
下 二 一 中 上
といふ「返り点」を付けてみて下さい。
(12)
「丸」が付いてゐない、
ez1.png
に対して、「返り点」が付けられるのであれば、「返り点の初歩」は、マスターしたことに、なります。
(13)
次の場合は、「一段レベル」が上がるものの、どうにかして、
 9
 8
 3
 4
 1
 2
 7
 6
 5
に対して、「返り点」を、付けられますか。
(14)
このやうな「問題」に関しては、私の場合は、
ez14.png
といふ風に、最初に、「括弧」を加へます。
(15)
ez15.png
(16)
この時、
ハイフォンはなくてもかまわない(二畳庵主人、漢文法基礎、昭和五九年、三一頁)。
とあるやうに、
 3
二|
 4
に付く「-(ハイフォン)」は、「省略」されてゐるので、注意が、必要です。
平成二七年〇八月二九日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「返り点」。)
次のページ(返り点、括弧、ミラーイメージ。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント