「括弧」でないなら「返り点」でない。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「括弧」でないなら「返り点」でない。

(01)
 
不常読漢文
従って、
(02)
与えられた「漢文」の「返り点」を、「括弧」を用ゐて、「並び替へる(ソートする)」ことが、可能であれば、与えられた「漢文」は、「括弧」を用ゐて、「訓読」することが、出来る

然るに、
(03)
① 三〔二(一)〕
に於いて、
① 二( )⇒( )二
① 三〔 〕⇒〔 〕三
とするならば、
① 三〔二(一)〕⇒
① 〔(一)二〕三=
① 一 二 三。
(04)
② 二(三〔一)〕
に於いて、
② 二( )⇒( )二
② 三〔 〕⇒〔 〕三
とするならば、
② 二(三〔一)〕⇒
② (〔一)二〕三
② 一 二 三。
然るに、
(05)
① ( )
② 〔 〕
に於いて、
② が有る場合は、② の中には、一つ以上の ① が有って、
① の中には、① が無いならば、その時に限って、「括弧」とする。
従って、
(05)により、
(06)
① 〔 ( ) 〕
は、「括弧」であるが、
② ( 〔 ) 〕
は、「括弧」ではない。
従って、
(03)(04)(06)により、
(07)
① 三〔二(一)〕⇒
① 〔(一)二〕三=
① 一 二 三。
に於いて、
① 〔 ( ) 〕
は、「括弧」であるが、
② 二(三〔一)〕⇒
② (〔一)二〕三
② 一 二 三。
に於いて、
② ( 〔 ) 〕
は、「括弧」ではない。
従って、
(07)により、
(08)
「括弧」は、
① 三 二 一
といふ「順番」を、
① 一 二 三
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来る一方で、
「括弧」は、
② 二 三 一
といふ「順番」を、
② 一 二 三
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来ない。
然るに、
(09)
「返り点」とは、「縦書き」であれば、「下から、上へ返る、返り点」であって、それ故、
「返り点」とは、「横書き」であれば、「右から、左へ返る、返り点」であって、それ故、
「横書き」であれば、「左から、右へ返る、それ」は、「返り点」ではない。
従って、
(09)により、
(10)
① 三←二←一
といふ「順番」は、「返り点」であるが、
② 二→三 一
といふ「順番」は、「返り点」ではない。
従って、
(08)(10)により、
(11)
「括弧」と「返り点」は、
① 三 二 一
といふ「順番」を、
① 一 二 三
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来る一方で、
「括弧」は、
② 二 三 一
といふ「順番」を、
② 一 二 三
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来ない。
(12)
③ 四[三〔二(一)〕]
に於いて、
③ 二( )⇒( )二
③ 三〔 〕⇒〔 〕三
③ 四[ ]⇒[ ]四
とするならば、
③ 四[三〔二(一)〕]⇒
③ [〔(一)二〕三]四=
③ 一 二 三 四。
(13)
④ 二(四[三〔一)〕]⇒
に於いて、
④ 二( )⇒( )二
④ 三〔 〕⇒〔 〕三
④ 四[ ]⇒[ ]四
とするならば、
④ 二(四[三〔一)〕]⇒
④ ([〔一)二〕三]四=
④ 一 二 三 四。
(14)
⑤ 三〔四[二(一)〕]
に於いて、
⑤ 二( )⇒( )二
⑤ 三〔 〕⇒〔 〕三
⑤ 四[ ]⇒[ ]四
とするならば、
⑤ 三〔四[二(一)〕]⇒
⑤ 〔[(一)二〕三]四=
⑤ 一 二 三 四。
(15)
⑥ 四 二 三 一
に於いて、
⑥ 二( )⇒( )二
⑥ 三〔 〕⇒〔 〕三
⑥ 四[ ]⇒[ ]四
とするならば、
⑥ 四[二(三〔一)〕]⇒
⑥ [(〔一)二〕三]四=
⑥ 一 二 三 四。
然るに、
(16)
① ( )
② 〔 〕
③ [ ]
に於いて、
③ が有る場合は、③ の中には、一つ以上の ② が有って、
② が有る場合は、② の中には、一つ以上の ① が有って、
① の中には、① が無いならば、その時に限って、「括弧」とする。
従って、
(16)により、
(17)
③ [ 〔 ( ) 〕 ]
は、「括弧」であるが、
④ ( [ 〔 ) 〕 ]
⑤ 〔 [ ( ) 〕 ]
⑥ [ ( 〔 ) 〕 ]
は、「括弧」ではない。
従って、
(18)
「括弧」は、
③ 四 三 二 一
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来る一方で、
「括弧」は、
④ 二 四 三 一
⑤ 三 四 二 一
⑥ 四 二 三 一
といふ「順番」を、
③ 一 二 三 四
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来ない。
然るに、
(19)
④ 二 四 三 一
⑤ 三 四 二 一
⑥ 四 二 三 一
であれば、
④ 二→三
⑤ 三→四
⑥ 二→三 
であるため、「左から右へ、返ってゐる」。
従って、
(09)(19)により、
(20)
③ 四 三 二 一
は、「返り点」であるが、
④ 二 四 三 一
⑤ 三 四 二 一
⑥ 四 二 三 一
は、「返り点」ではない。
従って、
(18)(20)により、
(21)
「括弧」と「返り点」は、
③ 四 三 二 一
といふ「順番」を、
③ 一 二 三 四
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来る一方で、
「括弧」は、
④ 二 四 三 一
⑤ 三 四 二 一
⑥ 四 二 三 一
といふ「順番」を、
④ 一 二 三 四
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来ない。
従って、
(11)(21)
(22)
「括弧」と「返り点」は、
① 三 二 一
③ 四 三 二 一
といふ「順番」を、
① 一 二 三
③ 一 二 三 四
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来る一方で、
「括弧」は、
② 二 三 一
④ 二 四 三 一
⑤ 三 四 二 一
⑥ 四 二 三 一
といふ「順番」を、
④ 一 二 三 四
といふ「順番」に「並び替へ」ることは、出来ない。
然るに、
(23)
② 二(三 一)
④ 二(四 三 一)
⑤ 三 四 二(一)
⑥ 四 二(三 一)
であれば、「括弧」である。
然るに、
(24)
② 二(三〔一)〕
④ 二(四 三〔一)〕
⑤ 三〔四 二(一)〕
⑥ 四 二(三〔一)〕
であれば、
⑤ 三〔四 二(一)〕
は、「括弧」であるが、
② 二(三〔一)〕
④ 二(四 三〔一)〕
⑥ 四 二(三〔一)〕
は、「括弧」ではない。
然るに、
(25)
② 二(三〔一)〕
④ 二(四[三〔一)〕]
⑤ 三〔四[二(一)〕]
⑥ 四[二(三〔一)〕]
であれば、四つとも全て、「括弧」ではない。
然るに、
(26)
② 二 三 一
④ 二 四 三 一
⑤ 三 四 二 一
⑥ 四 二 三 一
に於ける、
② 2<3>1
④ 2<4 3>1
⑤ 3<4>2 1
⑥ 4 2<3>1
といふ「それ」は、
② L<M>N & L=N+1
④ L<M>N & L=N+1
⑤ L<M>N & L=N+1
⑥ L<M>N & L=N+1
といふ「不等式」を、満たしてゐるが、
① 三 二 一
③ 四 三 二 一
に於ける、
① 3>2>1
③ 4>3>2>1
といふ「それ」は、
① L<M>N & L=N+1
③ L<M>N & L=N+1
といふ「不等式」を、満たしてゐない。
従って、
(25)(26)により、
(27)
与えられた「返り点」が、
② L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含むのであれば、その時に限って、
与えられた「返り点」の「順番」を、「括弧」で表すことは、出来ない。
然るに、
(28)
与えられた「返り点」が、
② L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含むのであれば、すなはち、
② L<M
であるならば、
といふ「順番」を含むのであれば、
② L→M
といふ風に、「左から右へ、返る」ことになる。
従って、
(09)(28)により、
(29)
与えられた「返り点」が、
② L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含むのであれば、
与えられた「それ」は、「返り点」のやうに見えて、実際には、「返り点」ではない。
従って、
(29)により、
(30)
④ 二 四 三 一
⑥ 四 二 三 一
に相当する、
④ 二 三レ 一
⑥ 下 二 上 一
といふ、「白話(中国語)訓読」の「それ」は、実際には、「返り点」ではない。
cf.
白話二三レ一
然るに、
(31)
初めから、
1<2<3<4
といふ「順番」である、
1 2 3 4 
は、さて置き、
1 2 4 3
1 3 2 4
1 3 4 2
1 4 2 3
1 4 3 2
2 1 3 4
2 1 4 3
2 3 1 4
2 3 4 1
2 4 1 3
2 4 3 1
3 1 2 4
3 1 4 2
3 2 1 4
3 2 4 1
3 4 2 1
3 4 1 2
4 1 2 3
4 1 3 2
4 2 1 3
4 2 3 1
4 3 1 2
4 3 2 1
といふ「23個」の内、
1 2 4 3
1 3 2 4
1 4 2 3
1 4 3 2
2 1 3 4
2 1 4 3
3 1 2 4
3 2 1 4
4 1 2 3
4 1 3 2
4 2 1 3
4 3 1 2
4 3 2 1
の場合は、「13個」とも、
L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含んでゐない。
従って、
(27)(29)(31)により、
(32)
1 2 4 3
1 3 2 4
1 4 2 3
1 4 3 2
2 1 3 4
2 1 4 3
3 1 2 4
3 2 1 4
4 1 2 3
4 1 3 2
4 2 1 3
4 3 1 2
4 3 2 1
といふ「順番」に対しては、「返り点・括弧」を、加へることは、出来る。ものの、
1 3 4 2
2 3 1 4
2 3 4 1
2 4 1 3
2 4 3 1
3 1 4 2
3 2 4 1
3 4 2 1
3 4 1 2
4 2 3 1
の場合は、「10個」とも、
L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含んでゐるため、これらの「順番」に対しては、「返り点・括弧」を、加へることは、出来ない。
然るに、
(33)
4P4=4×3×2×1=24個 が、
5P5=5×4×3×2×1=120個 に増へても、
それらの「120個」の内の、「任意の順番」は、
① L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含んでゐない。か、
② L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含んでゐる。かの、「どちらか」である。
(34)
5P5=5×4×3×2×1=120個 が、
6P6=6×5×4×3×2×1=720個 に増へても、
7P7=7×6×5×4×3×2×1=5040個 に増へても
それらの「5040個」の内の、「任意の順番」は、
① L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含んでゐない。か、
② L<M>N & L=N+1
といふ「順番」を含んでゐる。かの、「どちらか」である。
然るに、
(35)
使{籍誠不[
従って、
(27)~(35)により、
(36)
① 一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 ・ ・ ・ ・ ・
② 上 中 下
③ 甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸
④ 天 地 人
⑤ レ
⑥ 一レ 上レ 甲レ 天レ
といふ「返り点」を、「下から上へ、返る」やうに、用ゐるのであれば、その時に限って、それらの「返り点」は、
① ( )
② 〔 〕
③ [ ]
④ { }
等の「括弧」で、「置き換へ」ることが、出来る。
(37)
今迄に、「括弧の種類」が、
① ( )
② 〔 〕
③ [ ]
④ { }
⑤ 〈 〉
といふ「五つ」で、足りなくなったことは、無い。
平成27年10月23日、毛利太。


コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(B<C>A & B=A+1)
次のページ(「返り点・括弧」が表す「順番」の「集合」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント