「雑説、韓愈」と「Q,~(P&Q)」。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「雑説、韓愈」と「Q,~(P&Q)」。

― 「一昨日の記事」を書き換へます。―
(01)
食(馬)=(馬を)食べる。
ではなく、
食(馬)=(馬を)養ふ。
である。
従って、
(01)により、
(02)
(イ)食(馬)者不〔知(其能千里)而食〕也。
(ロ)食(馬)者不〔知(其能千里)〕而食也。
ではなく、
(イ)養(馬)者不〔知(其能千里)而養〕也。
(ロ)養(馬)者不〔知(其能千里)〕而養也。
とする。
(03)
~=不
P=知其能千里=その馬に千里の能力があることを知る。
&=而=そして、
Q=養馬=その馬を養ふ。
とする。
従って、
(03)により、
(04)
(イ)不〔知(其能千里)而養〕也 =
(イ)其の能の千里なるを知りて養はざるなり。
の場合は、
(イ)~(P&Q)
であって、
(ロ)不〔知(其能千里)〕而食也 =
(ロ)其の能の千里なるを知らずして養ふなり。
の場合は、
(ロ)~(P)&Q
である。
然るに、
(05)
「ド・モルガンの法則、交換則、含意の定義、二重否定」により、
(イ)Q,~(P&Q)=
(イ)Q,~(P)∨~(Q)=
(イ)Q,~(Q)∨~(P)=
(イ)Q,~(~(Q))→~(P)=
(イ)Q,Q→~(P)
然るに、
(06)
「前件肯定」により、
(イ)Q,Q,~(P)
(07)
「連言導入」により、
(イ)Q,Q&~(P)
(08)
「交換則」により、
(09)
(イ)Q,~(P)&Q
従って、
(05)(09)により、
(10)
(イ)Q,~(P&Q)=
(イ)Q,Q→~(P)∴
(イ)Q,~(P)&Q
従って、
(02)(10)により、
(11)
(イ)Q,~(P&Q)∴
(ロ)Q,~(P)&Q
従って、
(04)(11)により、
(12)
(イ)養(馬)者不〔知(其能千里)而養〕也。であるならば、
(ロ)養(馬)者不〔知(其能千里)〕而養也。である。
然るに、
(13)
(イ)養馬者不知其能千里而養也 =
(イ)養(馬)者不〔知(其能千里)而養〕也 ⇒
(イ)(馬)養者〔(其能千里)知而養〕不也 =
(イ)(馬を)養ふ者は〔(其の能の千里なるを)知りて養は〕不るなり。
(14)
(ロ)養馬者不知其能千里而養也 =
(ロ)養(馬)者不〔知(其能千里)〕而養也 ⇒
(ロ)(馬)養者〔(其能千里)知〕不而養不也 =
(ロ)(馬を)養ふ者は〔(其の能の千里なるを)知ら〕不して養ふなり。
従って、
(12)(13)(14)により、
(15)
(イ)(馬を)養ふ者は〔(其の能の千里なるを)知りて養は〕不るなり。であるならば、
(ロ)(馬を)養ふ者は〔(其の能の千里なるを)知ら〕不して養ふなり。である。
従って、
(15)により、
(16)
(イ)「馬を養ふ者は、其の馬の能力を知った上で、養ふのではない。」といふのであれば、
(ロ)「馬を養ふ者は、其の馬の能力を知らないまま、養ふのである。」といふ、ことになる。
然るに、
(17)
(イ)養(馬)者不〔知(其能千里)而養〕也。
(ロ)養(馬)者不〔知(其能千里)〕而養也。
の「返り点」は、それぞれ、
(イ)レ、下 二 一 上
(ロ)レ、レ 二 一
である。
従って、
(12)~(17)により、
(18)
(イ)養馬者不知其能千里而養也。
(ロ)養馬者不知其能千里而養也。
の「返り点」は、
(イ)レ、下 二 一 上 であっても、
(ロ)レ、レ 二 一     であっても、
結局は、「同じこと」である。
然るに、
(19)
(イ)Q,~(P&Q)∴
(ロ)Q,~(P)&Q
に対して、
(イ)~(P&Q)
(ロ)~(P)&Q
の場合は、さうではない。
すなはち、
(20)
つまり(ロ)は、知らないけれども養うことは養っていることになるが、(イ)の方は「知りかつ養う」ことを否定しているので、養っているかどうかもわからないことになる(中西清、漢文研究、1956年、292頁)。
然るに、
(21)
(イ)~(P&Q)
(ロ)~(P)&Q
(ハ)P&~(Q)
といふ「三通り」が、「漢文の語順」であれば、
(イ)(P&Q)~
(ロ)(P)~&Q
(ハ)P&(Q)~
といふ「三通り」は、「訓読の語順」である。
然るに、
(22)
(イ)(P&Q)~
(ロ)(P)~&Q
(ハ)P&(Q)~
から、「括弧」を除くと、
(イ)P&Q~
(ロ)P~&Q
(ハ)P&Q~
従って、
(22)により、
(23)
(イ)P&Q~
(ハ)P&Q~
に於いて、(イ)と(ハ)は、「区別」が付かないのであって、(24)に示す「画像」は
、そのことを、述べてゐる。
(24)
食馬者
(25)
① ~(有)&有
が、「真(本当)」であるのは、
①  (無)&有
の場合である。
然るに、
(26)
② ~(有&有)
が、「真(本当)」であるのは、
②  (無&有)
③  (有&無)
④  (無&無)
の場合である。
従って、
(25)(26)により、
(27)
① ~(有・有祝鮀之佞&有・宋朝美)→ R
② ~(有・有祝鮀之佞)&有・宋朝美→ R
に於いて、
①と②は、「全く異なる」ものの、次の(28)は、そのことを、述べてゐる。
(28)
不有祝鮀之佞、而有宋朝美、難乎、免於今之世矣、
鮀之佞あらずして宋朝の美あるは、難いかな、今の世に免れんこと。
*新注では、「祝鮀の佞ありて宋朝の美あらずんば、」と読み、佞美の両方がなければと解する(金谷治、論語、1963年、116頁)。
古注の読み方を変えた朱子は、例によって、徂徠から古代の読み方を知らぬ者と、やっつけられているが、徂徠から百年ばかりのちの、古代語の大家、清の王引之の経伝釈詞の説は、かえって朱子に同じい(吉川幸次郎、論語上、1965年、167頁)。
従って、
(27)(28)により、
(29)
朱子も、荻生徂徠も、王引之も、
① ~(有・有祝鮀之佞&有・宋朝美)→ R
② ~(有・有祝鮀之佞)&有・宋朝美→ R
に於ける、「①と②の違ひ」を、「意識」してゐたことになる。
従って、
(29)により、
(30)
少なくとも、
① 不有祝鮀之佞而有宋朝美難乎免於今之世矣
② 不有祝鮀之佞而有宋朝美難乎免於今之世矣
といふ「論語、雍也」には、
① ~(P)&Q → R
② ~(P&Q) → R
といふ「括弧」が、無いはずがない。
従って、
(31)
「漢文」には、「括弧」が、有ります!
平成27年12月28日、毛利太。

コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(括弧、弧、返り点。)
次のページ(「数学の括弧」と「訓読の括弧」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント