返り点、括弧、補足語。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

返り点、括弧、補足語。

(01)
有備無患
従って、
(01)により、
(02)
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
に対して、
① レ レ
② レ レ レ
③ 二 一
④ 三 二 一
⑤ 下 二 一 上
⑥ 下 二 一 中 上
⑦ 乙 下 二 一 上 甲レ
⑧ 丙 下 二 一 上 乙 甲
といふ「返り点」を与へることは、
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
に対して、
① 2143
② 132654
③ 312
④ 51423
⑤ 614235
⑥ 7312645
⑦ 85312476
⑧ 953124867
といふ「数字」を与へることに、等しい。
然るに、
(03)
⑧ 9 5 3 1 2 4 8 6 7
に於いて、
⑧ 9の右側にあって、9より小さい数は[5 3 1 2 4 8 6 7]である。
⑧ 5の右側にあって、5より小さい数は〔3 1 2 4〕である。
⑧ 3の右側にあって、3より小さい数は(1 2)である。
⑧ 1の右側にあって、1より小さい数は無い。
⑧ 2の右側にあって、2より小さい数は無い。
⑧ 4の右側にあって、4より小さい数は無い。
⑧ 8の右側にあって、8より小さい数は(6 7)である。
⑧ 6の右側にあって、6より小さい数は無い。
⑧ 7の右側に、数はない。
従って、
(03)により、
(04)
⑧ 9[5〔3(12)4〕8(67)]。
である。
従って、
(03)(04)により、
(05)
① 2(1)4(3)。
② 13(2)6〔5(4)〕。
③ 3(12)。
④ 5〔14(23)〕。
⑤ 6〔14(23)5〕。
⑥ 7〔3(12)6(45)〕。
⑦ 8[5〔3(12)4〕7(6)]。
⑧ 9[5〔3(12)4〕8(67)]。
である。
然るに、
(03)により、
(06)
⑧ 9[5〔3(12)4〕8(67)]。
に於いて、
3( )⇒( )3
5〔 〕⇒〔 〕5
8( )⇒( )8
9[ ]⇒[ ]9
といふ「倒置」を行ふならば、
⑧ [〔(12)34〕5(67)8]9=
⑧ 1<2<3<4<5<6<7<8<9。
といふ「ソート(並べ替へ)」が成立する。
従って、
(01)(02)(06)により、
(07)
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]=
⑧ 9[5〔3(12)4〕8(67)]。
に於いて、
3( )⇒( )3
5〔 〕⇒〔 〕5
8( )⇒( )8
9[ ]⇒( )9
といふ「倒置」を行ふならば、
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]=
⑧ 9[5〔3(12)4〕8(67)]⇒
⑧ [〔(12)34〕5(67)8]9=
⑧ [〔(英文)解法〕以(漢文)解]求=
⑧ [〔(英文を)解する法を〕以て(漢文を)解せんことを]求む。
といふ「漢文訓読」が、成立する。
然るに、
(08)
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。すなわち、その補足構造における語順は、国語とは全く反対である(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、二九六頁)。
従って、
(01)~(08)により、
(09)
① 有(備)無(患)。
② 人不(学)不〔知(道)〕。
③ 聞(鳥啼)。
④ 聞〔鳥啼(梅樹)〕。
⑤ 聞〔鳥啼(梅樹)声〕。
⑥ 如〔揮(快刀)断(乱麻)〕。
⑦ 欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]。
に於ける、
①  ( ) ( )
②   ( ) 〔 ( )〕
③  (  )
④  〔  (  )〕
⑤  〔  (  ) 〕
⑥  〔 (  ) (  )〕
⑦  [ 〔 (  ) 〕 ( )]
⑧  [ 〔 (  ) 〕 (  )]
といふ「括弧」は、
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
といふ「漢文」の、「補足構造」を表してゐる。
従って、
(07)(09)により、
(10)
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
といふ「漢文」を、
① 備へ有れば患ひ無し。
② 人学ば不れば道を知ら不。
③ 鳥の啼くを聞く。
④ 鳥の梅樹に啼くを聞く。
⑤ 鳥の梅樹に啼く声を聞く。
⑥ 快刀を揮って乱麻を断つが如し。
⑦ 学徳を備ふる者を得て之を友とせんと欲す。
⑧ 英文を解する法を以て漢文を解せんことを求む。
といふ風に、「訓読」するといふことは、その実、
① 有(備)無(患)。
② 人不(学)不〔知(道)〕。
③ 聞(鳥啼)。
④ 聞〔鳥啼(梅樹)〕。
⑤ 聞〔鳥啼(梅樹)声〕。
⑥ 如〔揮(快刀)断(乱麻)〕。
⑦ 欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]。
といふ「漢文」を、「訓読」してゐることになる。
然るに、
(11)
① 有(備)無(患)。
であれば、
①「有る」のは、「備へ」であって、
①「無い」のは、「患ひ」である。
(12)
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]。
であれば、
⑧「求むる」の「目的語(補語)」は、
⑧[以解英文法解漢文]の「全体」であって、「一部」ではない。
従って、
(13)
⑧ 求以解英文法解漢文。
に於いて、
⑧「求」といふ「他動詞」の「目的語(補語)」を[ ]で括りなさい。
といふ「問題」が出されたとして、
Aさんは、
⑧ 求[以解英文法解漢文]
といふ風に答へ、
Bさんは、
⑧ 求[以解英文]法解漢文。
といふ風に答へた。とするならば、
Aさんではなく、
Bさんは、中国人であらうと、アメリカ人であらうと、日本人であらうと、
⑧ 求以解英文法解漢文。
といふ「漢文」を読めないことになる。
従って、
(09)~(13)により、
(14)
① 有(備)無(患)。
② 人不(学)不〔知(道)〕。
③ 聞(鳥啼)。
④ 聞〔鳥啼(梅樹)〕。
⑤ 聞〔鳥啼(梅樹)声〕。
⑥ 如〔揮(快刀)断(乱麻)〕。
⑦ 欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]。
といふ「補足構造」は、
「訓読を行ふ為」の「補足構造」であるのではなく、
「漢文そのもの」の「補足構造」であると、すべきである。
従って、
(14)により、
(15)
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
といふ「漢文」を、「中国語で音読」しようと、しまいと、
① 有(備)無(患)。
② 人不(学)不〔知(道)〕。
③ 聞(鳥啼)。
④ 聞〔鳥啼(梅樹)〕。
⑤ 聞〔鳥啼(梅樹)声〕。
⑥ 如〔揮(快刀)断(乱麻)〕。
⑦ 欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]。
といふ「補足構造」を、把握してゐない限りは、
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
といふ「漢文」は、読めないことになる。
従って、
(16)
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
といふ「漢文」を、
① イウビムカン。
② ジンフツガクフツチトウ。
③ ブンチョウテイ。
④ ブンチョウテイバイジュ。
⑤ ブンチョウテイバイジュセイ。
⑥ ジョキカイトウタンランマ。
⑦ ヨクトビガクガクトクシャイウシ。
⑧ キウイカイエイブンハフカイカンブン。
といふ風に、いくら読んだとしても、それだけで、「漢文」が読めるやうになる。といふわけではない。
加へて、
(17)
「漢文訓読」のための「書籍」は、数多くあるものの、
「漢文音読」のための「書籍」は、ネット上にはないし、図書館にもない。
従って、
(18)
「訓読」をせずに、「音読」だけで、「漢文を独学」しようとしても、固より、そのやうな「環境」は、日本には無い。
従って、
(19)
いくら偉ひ先生が、「漢文」は「音読」で学習すべきである。と述べたところで、「独学」である限り、「漢文訓読」以外に、「漢文を学ぶ術」は無い。
平成28年05月26日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「括弧」と「句読点」。)
次のページ(矣(完了の助動詞)。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント