「白文訓読」法(読書<看書)。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「白文訓読」法(読書<看書)。

―「白文」の読み方を、具体的に、説明します。―
(01)
「返り点がついていない漢文」、すなはち、中国人が言ふ所の「文言文(文語体)」を「白文」とする。
然るに、
(02)
文語体と口語体の区別は、もし簡便な基準を探すとなれば、それは耳で聞いてわかるのが口語体で、目で見なければわからないのが文語体だ、といえる。(「開明文言読本」開明書店、1948、導言)呂叔湘氏は人も知る「中國文法要略」(商務印書館、1942)の著者であり、解放後は中國科学院言語研究所長を勤めている超一流の言語学者であり、文化人である(牛島徳次、中國語の学び方、1977年、60頁)。
然るに、
(03)
「目で見なければわからないのが文語体だ、といえる。」といふのであれば、
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
⑨ 略定秦地。
⑩ 取捨選択書物。
といふ「漢文」を、
① Yǒubèiwúhuàn.
② Rén bù xué bù zhīdào.
③ Wén niǎo tí.
④ Wén niǎo tí méi shù.
⑤ Niǎo tí méi shù shēng.
⑥ Rú huī kuàidāo duàn luànmá.
⑦ Yù dé bèi xuédé zhě yǒuzhī.
⑧ Qiú yǐ jiě yīngwén fǎ jiě hànwén.
⑨ È dìng qín de.
⑩ Qǔshě xuǎnzé shūwù.
といふ風に、「千遍、声に出して読んでゐる間」であっても、結局は、「目で見て、理解してゐる。」といふことになる。
然るに、
(04)
「結局は、目で見て、理解してゐる。」といふのであれば、
「読書不如看書=書を読むは書を看るに如かず(音読は看書よりも劣ってゐる)。」といふことになる。
然るに、
(05)
徂徠は「題言十則」のなかで以下のように述べている。
中華の人多く言へり、「読書、読書」と。予は便ち謂へり、書を読むは書を看るに如かず、と。此れ中華と此の方との語言同じからざるに縁りて、故に此の方は耳口の二者、皆な力を得ず、唯だ一双の眼のみ、三千世界の人を合はせて、総て殊なること有ること莫し。
ここでの「読書」は、文脈からして音読であろう(勉誠出版、「訓読」論、2008年、27・244頁)。
従って、
(04)(05)により、
(06)
徂徠は「題言十則」のなかで、「(中国人であらうと、日本人であらうと、人類である限り、)音読は、目読(黙読)よりも劣ってゐる。」といふ風に、述べてゐる。
然るに、
(07)
漢文は読む前に見ることが大切。パズルなんだから。パッと見る、そしてフィーリングというか、造形的センスというか、そこに美的な配列があることを見てとってほしい。そこからパズルゲームが始まる(二畳庵主人、漢文法基礎、1984年、323頁)。
従って、
(08)
二畳庵主人も、「漢文は読むよりも、見ることが大切である。」といふ風に、述べてゐる。
然るに、
(09)
徂徠は、書を千遍読めば意味はおのずとわかる(「読書千遍、其義自見」)とはどういうことか、幼時にはわからなかったと云う。意味がわからないのに読めるはずがなく、読めればわかっているはずだと思ったからである。しかし後になって、中華では文字列をそのままの順で読むために、意味がわからなくとも読めること、それに対して。日本では中華の文字をこちらの言語の語順に直して読むために意味がとれなければ読めないことに気づく(勉誠出版、続「訓読」論、2010年、17頁)。
従って、
(08)(09)により、
(10)
「漢文は読むよりも、見ることが大切である。」とは言っても、
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
⑨ 略定秦地。
⑩ 取捨選択書物。
といふ「漢文の意味」が分からなければ、固より、
① 備へ有れば患ひ無し。
② 人学ば不れば道を知ら不。
③ 鳥の啼くを聞く。
④ 鳥の梅樹に啼くを聞く。
⑤ 鳥の梅樹に啼く声を聞く。
⑥ 快刀を揮って乱麻を断つが如し。
⑦ 学徳を備ふる者を得て之を友とせんと欲す。
⑧ 英文を解するを法以て漢文を解せんことを求む。 
⑨ 秦の地を略‐定す。
⑩ 書物を取‐捨‐選‐択す。
といふ風には、読めない。
然るに、
(11)

従って、
(11)により、
(12)
⑦ 欲得備学徳者友之。
であれば、
⑦ 欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
といふ「括弧」による、
備( )⇒( )備
得〔 〕⇒〔 〕得
友( )⇒( )友
欲[ ]⇒[ ]欲
といふ「並び替へ(ソート)」によって、
⑦ 欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]=
⑦ 8[5〔3(12)4〕7(6)]⇒
⑦ [〔(12)34〕5(6)7]8=
⑦ [〔(学徳)備者〕得(之)友]欲=
⑦ [〔(学徳を)備ふる者を〕得て(之を)友とせんと]欲す。
といふ「漢文訓読」が、成立する。
従って、
(11)(12)により、
(13)
① 有(備)無(患)。
② 人不(学)不〔知(道)〕。
③ 聞(鳥啼)。
④ 聞〔鳥啼(梅樹)〕。
⑤ 聞〔鳥啼(梅樹)声〕。
⑥ 如〔揮(快刀)断(乱麻)〕。
⑦ 欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
⑧ 求[以〔解(英文)法〕解(漢文)]。
⑨ 略‐定(秦地)。
⑩ 取‐捨‐選‐択(書物)。
といふ「漢文」に対して、
① (備へ)有れば(患ひ)無し。
② 人(学ば)不れば〔(道を)知ら〕不。
③ (鳥の啼くを)聞く。
④ 〔鳥の(梅樹に)啼くを〕聞く。
⑤ 〔鳥の(梅樹に)啼く声を〕聞く。
⑥ 〔(快刀を)揮って(乱麻を)断つが〕如し。
⑦ [〔(学徳を)備ふる者を〕得て(之を)友とせんと]欲す。
⑧ [〔(英文を)解するを法〕以て(漢文を)解せんことを]求む。
⑨ (秦の地を)略‐定す。
⑩ (書物を)取‐捨‐選‐択す。
といふ「漢文訓読」が、成立する。
然るに、
(14)
博士課程後期に六年間在学して訓読が達者になった中国の某君があるとき言った。「自分たちは古典を中国音で音読することができる。しかし、往々にして自ら欺くことがあり、助詞などいいかげんに飛ばして読むことがある。しかし日本式の訓読では、「欲」「将」「当」「謂」などの字が、どこまで管到して(かかって)いるか、どの字から上に返って読むか、一字もいいかげんにできず正確に読まなければならない」と、訓読が一字もいやしくしないことに感心していた(原田種成、私の漢文講義、1995年、56頁)。
従って、
(13)(14)により、
(15)
⑦ 欲 は[得備学徳者友之]に係ってゐて、
⑦ 得 は〔備学徳者〕に係ってゐて、
⑦ 備 は(学徳)に係ってゐて、
⑦ 友 は(之)に係ってゐる。
といふ「管到(補足構造)」が、分からなければ、
⑦ 欲得備学徳者友之。
といふ「漢文」は、日本人であっても、中国人であっても、「理解」出来ない。
従って、
(10)(12)(15)により、
(16)
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
⑨ 略定秦地。
⑩ 取捨選択書物。
といふ「白文」の中の、
⑦ 欲得備学徳者友之。
といふ「漢文の意味」が分からずに、「訓読」のしようが無い場合は、
⑦ 欲 は[何処までに]係ってゐて、
⑦ 得 は〔何処までに〕係ってゐて、
⑦ 備 は(何処までに)係ってゐて、
⑦ 友 は(何処までに)係ってゐる。
のか、といふことを、考へれば良い。
然るに、
(17)
漢文の基本構造
(一)主述関係 主語 ―述語
(二)修飾関係 修飾語―被修飾語
(三)補足関係 叙述語―補足語
(四)並列関係 並列語―並列語
(鈴木直治著、中国語と漢文、1975年、281~3頁、抜粋)
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。すなわち、その補足構造における語順は、国語とは全く反対である(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、二九六頁)。
然るに、
(18)
例へば、
燕雀安知鴻鵠之志哉(燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや)。
であれば、
燕雀 は、(四)並列関係。
鴻鵠 も、(四)並列関係。
である一方で、
燕雀   は、(一)主語。
鴻鵠之  は、(二)修飾語。
鴻鵠之志 は、(三)補足語。
である。
従って、
(17)(18)により、
(19)
(四)並列関係 並列語―並列語
の場合は、その一方で、
(一)主述関係 主語 ―述語   であって、
(二)修飾関係 修飾語―被修飾語 であって、
(三)補足関係 叙述語―補足語  である。
従って、
(17)(19)により、
(20)
(一)主述関係 主語 ―述語
(二)修飾関係 修飾語―被修飾語
(三)補足関係 叙述語―補足語
に於いて、
(三)補足関係 叙述語―補足語 だけが、国語とは全く反対である。
従って、
(12)(20)により、
(21)
⑦ 我常欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
のやうに、
⑦  欲 [得〔備(学徳)者〕友(之)]。
に対して、
⑦ 我=主語
⑦ 常=修飾語(副詞)
を加へたとしても、
⑦ [ 〔 ( ) 〕( ) ]
といふ「括弧」自体は、「不変」である。
従って、
(20)(21)により、
(22)
⑦ 我常欲[得〔備(学徳) 〕友(之)]。
のやうに、
⑦ 我常欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
から、
⑦ 者=非修飾(体言)
を除いた場合も、
⑦ [ 〔 ( ) 〕( ) ]
といふ「括弧」自体は、「不変」である。
然るに、
(23)
⑦ 我常欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]。
に対して、
⑦ 不=叙述語
を加へた場合は、
⑦ 我不{常欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]}。
であるため、
⑦   [ 〔 ( ) 〕( ) ]
ではなく、
⑦ { [ 〔 ( ) 〕( ) ] }
である。
従って、
(21)(22)(23)により、
(24)
⑦ 我不常欲得備学徳者友之。
といふ「白文」を、
⑦ 我不常欲得備学徳者友之=
⑦ 我不{常欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]}⇒
⑦ 我{常[〔(学徳)備者〕得(之)友]欲}不=
⑦ 我{常には[〔(学徳を)備ふる者を〕得て(之を)友とせんと]欲せ}不。
といふ風に、「訓読」しようとする場合は、
⑦ 我不常欲得備学徳者友之。
といふ「白文」から、
⑦ 我=主語
⑦ 常=修飾語(副詞)
⑦ 者=非修飾(体言)
を除いても、
⑦ { [ 〔 ( ) 〕( ) ] }
といふ「括弧」自体は、「不変」である。
cf.
⑦ 不欲得備学徳友之=
⑦ 不{欲[得〔備(学徳)〕友(之)]}⇒
⑦ {常[〔(学徳)備〕得(之)友]欲}不=
⑦ {常には[〔(学徳を)備ふるを〕得て(之を)友とせんと]欲せ}不。
従って、
(24)により、
(25)
⑦ 我不常欲得備学徳者友之。
といふ「白文」を、「訓読」しようとする場合は、
⑦ 我=主語
⑦ 常=修飾語(副詞)
⑦ 者=非修飾(体言)
を「見つけて」、「それら以外」の、
⑦  不 欲得備学徳 友之。
に関して、
⑦ 不 は{何処までに}係ってゐて、
⑦ 欲 は[何処までに]係ってゐて、
⑦ 得 は〔何処までに〕係ってゐて、
⑦ 備 は(何処までに)係ってゐて、
⑦ 友 は(何処までに)係ってゐる。
のか、といふこと(パズル)を、考へれば良い。
その結果、
(26)
⑦ 不{欲[得〔備(学徳)〕友(之)]}。
であるならば、(24)(25)により、
⑦ 我不常欲得備学徳者友之=
⑦ 我不{常欲[得〔備(学徳)者〕友(之)]}⇒
⑦ 我{常[〔(学徳)備者〕得(之)友]欲}不=
⑦ 我{常には[〔(学徳を)備ふる者を〕得て(之を)友とせんと]欲せ}不。
といふ「漢文訓読」が、成立する。
従って、
(25)(26)により、
(27)
⑦ 我不常欲得備学徳者友之。
といふ「白文」を、「訓読」することは、「データ」さへ有れば、「プログラム(人口知能)」であっても、「可能」であるため、
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
⑨ 略定秦地。
⑩ 取捨選択書物。
といふ程度の「白文」を「訓読」することは、グーグルにとっては、「簡単」である(?)。
cf.
漢語においては、文法的な分析は、あまり役に立たず、漢語の文の意味を理解するためには「豊富な直観」が、必要である(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、二九三頁改)。とのことであり、それ故、AIに対して、「豊富な直観」を期待できるのであれば、「AIによる漢文訓読」は「簡単」である。
(28)
⑪ 人有喜与不如己者為友之心。
に於いて、
⑪ 人 は「主語」である。
従って、
(29)
⑪ 人有喜与不如己者為友之心。
といふ「白文の意味」が分からずに、「訓読」のしようが無い場合は、最初に、
⑪ 有 は「何処までに」係ってゐる。
のかといふことを、「直観」に従って、判断すれば良い。
然るに、
(30)
⑪ 人有(喜与不如己者)
であれば、
⑪ 為友之心。
⑪ 友と為るの心。
の「説明」が付かないし、
⑪ 人有(与不如己喜者)
ではないため、
⑪ 己に如かざる者と喜ぶ者有り。
とは、読めない。
然るに、
(31)
⑪ 人有(喜与不如己者為友之心)。
であれば、
⑪ 人有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}之心〉⇒
⑪ 人〈{[〔(己)如〕不者]与(友)為}喜之心〉有=
⑪ 人に〈{[〔(己に)如か〕不る者]与(友と)為るを}喜ぶ之心〉有り。
といふ風に、「訓読」することになる。
従って、
(15)~(31)により、
(32)
① 有備無患。
② 人不学不知道。
③ 聞鳥啼。
④ 聞鳥啼梅樹。
⑤ 聞鳥啼梅樹声。
⑥ 如揮快刀断乱麻。
⑦ 欲得備学徳者友之。
⑧ 求以解英文法解漢文。
⑨ 略定秦地。
⑩ 取捨選択書物。
⑪ 人有喜与不如己者為友之心。
⑫ 不如積陰徳於冥々之中以為子孫長久計。
といふ「白文の意味」が分からずに、「訓読」のしようが無い場合は、それぞれの、
(三)補足関係 叙述語―補足語
に注目して、「一つ一つの漢字」が、「どの漢字に係ってゐるのか」といふことを、考へれば良い。
平成28年06月06日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「漢文訓読」と「交換法則」。)
次のページ(「括弧」と「句読点」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント