「句読点」と「括弧」と「論理学(の分配法則)」。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「句読点」と「括弧」と「論理学(の分配法則)」。

(01)
「分配法則」により、
①(A&B)∨(A&C)
② A&(B∨C)
④(A∨B)&(A∨C)
⑤ A∨(B&C)
に於いて、
①=② であって、
④=⑤ である。
然るに、
(02)
② A&(B∨C)
③(A&B)∨C
⑤ A∨(B&C)
⑥(A∨B)&C
に於いて、
② 0&(0∨1)=0&1=0
③(0&0)∨1 =0∨1=1
⑤ 1∨(1&0)=1∨0=1
⑥(1∨1)&0 =1&0=0
である。
従って、
(01)(02)により、
(03)
①(A&B)∨(A&C)
② A&(B∨C)
③(A&B)∨C
④(A∨B)&(A∨C)
⑤ A∨(B&C)
⑥(A∨B)&C
に於いて、
①=② であって、
④=⑤ であるが、
①≠③ であって、
④≠⑥ である。
(04)
①「AとBか、AとC」が必要である。
といふのであれば、いづれにせよ、
①「A」は必要である。
然るに、
(05)
②「Aと、BかC」が必要である。
といふのであれば、いづれにせよ、
②「A」は必要である。
然るに、
(06)
③「AとBか、C」が必要である。
といふのであれば、
③「C」が有れば、「AとB」は、無くとも良く、それ故、
③「A」は不要である。
従って、
(04)(05)(06)により、
(07)
①「A」は必要である。
②「A」は必要である。
③「A」は不要である。
従って、
(07)により、
(08)
① AとBか、AとC。
② Aと、BかC。
③ AとBか、C。
に於いて、
①=② であるが、
①≠③ である。
(09)
④「AかBと、AかC」が必要である。
といふのであれば、すなはち、
④「AかB」が必要であり、
④「AかC」が必要である。
といふのであれば、
④「A」が有れば、「B」は、不要であり、
④「A」が有れば、「C」は、不要である。
然るに、
(10)
⑤「Aか、BとC」が必要である。
といふのであれば、
⑤「A」が有れば、「B」は、不要であり、
⑤「A」が有れば、「C」は、不要である。
然るに、
(11)
⑥「AかBと、C」が必要である。
といふのであれば、
⑥「A」が有っても、「C」は、必要でり、
⑥「B」が有っても、「C」は、必要である。
従って、
(09)(10)(11)により、
(12)
④「A」が有れば、 「C」は、不要である。
⑤「A」が有れば、 「C」は、不要である。
⑥「A」が有っても、「C」は、必要である。
従って、
(12)により、
(13)
④ AかBと、AかC。
⑤ Aか、BとC。
⑥ AかBと、C。
に於いて、
④=⑤ であるが、
④≠⑥ である。
従って、
(08)(13)により、
(14)
① AとBか、AとC。
② Aと、BかC。
③ AとBか、C。
④ AかBと、AかC。
⑤ Aか、BとC。
⑥ AかBと、C。
に於いて
①=② であって、
④=⑤ であるが、
①≠③ であって、
④≠⑥ である。
然るに、
(15)
& = と(そして)
∨ = か(または)
である。
従って、
(03)(15)により、
(16)
①(AとB)か(AとC)
② Aと(BかC)
③(AとB)かC
④(AかB)と(AかC)
⑤ Aか(BとC)
⑥(AかB)とC
に於いて、
①=② であって、
④=⑤ であるが、
①≠③ であって、
④≠⑥ である。
従って、
(14)(16)により、
(17)
「日本語のネイティブの理解」が「正しい」とすれば、
① AとBか、AとC。
② Aと、BかC。
③ AとBか、C。
④ AかBと、AかC。
⑤ Aか、BとC。
⑥ AかBと、C。
に於いて、
①=② であって、
④=⑤ であるが、
①≠③ であって、
④≠⑥ である。
「論理学の教科書」が「正しい」とすれば、
①(AとB)か(AとC)
② Aと(BかC)
③(AとB)かC
④(AかB)と(AかC)
⑤ Aか(BとC)
⑥(AかB)とC
に於いて、
①=② であって、
④=⑤ であるが、
①≠③ であって、
④≠⑥ である。
従って、
(17)により、
(18)
「日本人の理解」 が「正しく」、尚且つ、
「論理学の教科書」が「正しい」とすれば、
① AとBか、AとC。
② Aと、BかC。
③ AとBか、C。
④ AかBと、AかC。
⑤ Aか、BとC。
⑥ AかBと、C。
といふ「日本語」と、
①(AとB)か(AとC)
② Aと(BかC)
③(AとB)かC
④(AかB)と(AかC)
⑤ Aか(BとC)
⑥(AかB)とC
といふ「論理式」は、等しい。
従って、
(18)により、
(19)
① AとBか、AとC。
② Aと、BかC。
③ AとBか、C。
④ AかBと、AかC。
⑤ Aか、BとC。
⑥ AかBと、C。
に於ける、
①     、   。
②     、 。
③     、   。
④   、   。
⑤     、 。
⑥     、   。
といふ「句読点」は、
①(AとB)か(AとC)
② Aと(BかC)
③(AとB)かC
④(AかB)と(AかC)
⑤ Aか(BとC)
⑥(AかB)とC
に於ける、
①   (   )
②(   )
③(   ) (   )
④   (   )
⑤(   )
⑥(   ) (   )
といふ「括弧」に相当する。
然るに、
(20)
 、= 点 = テン
 。= 丸 = マル
である。
然るに、
(21)
① Aと、BかC。
② AとBか、C。
③ AとBか、AとC。
④ Aか、BとC。
⑤ AかBと、C。
⑥ AかBと、AかC。
といふ「日本語」を、
① AとテンBかCマル
② AとBかテンCマル
③ AとBかテンAとCマル
④ AかテンBとCマル
⑤ AかBとテンCマル
⑥ AかBとテンAかCマル
といふ風に、読むことは無い。
従って、
(22)
① Aと、BかC。
② AとBか、C。
③ AとBか、AとC。
④ Aか、BとC。
⑤ AかBと、C。
⑥ AかBと、AかC。
に於ける、
①   、   。
②     、 。
③     、   。
④   、   。
⑤     、 。
⑥     、   。
は、「サイレント」である。
従って、
(23)
① Aと BかC
② AとBか C
③ AとBか AとC
④ Aか BとC
⑤ AかBと C
⑥ AかBと AかC
といふ風に、「発音する」からと言って、
①   、   。
②     、 。
③     、   。
④   、   。
⑤     、 。
⑥     、   。
といふ「句読点」が、「無い」わけではない。
従って、
(19)(23)により、
(24)
① Aと BかC
② AとBか C
③ AとBか AとC
④ Aか BとC
⑤ AかBと C
⑥ AかBと AかC
といふ風に、「発音する」からと言って、
①   (   )
②(   )
③(   ) (   )
④   (   )
⑤(   )
⑥(   ) (   )
といふ「括弧」が、「無い」わけではない。
従って、
(18)(24)により、
(25)
「日本人の理解」 が「正しく」、尚且つ、
「論理学の教科書」が「正しい」が故に、
① Aと BかC
② AとBか C
③ AとBか AとC
④ Aか BとC
⑤ AかBと C
⑥ AかBと AかC
といふ「日本語」には、
①   (   )
②(   )
③(   ) (   )
④   (   )
⑤(   )
⑥(   ) (   )
といふ「括弧」が、有ります。
平成28年06月13日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ( 鼻はゾウが長い。首はキリンが長い。)
次のページ(「漢文訓読」と「交換法則」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント