返り点、括弧、構造化。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案
FC2ブログ

返り点、括弧、構造化。

  (01)
括弧は、論理演算子のスコープ(scope)を明示する働きを持つ。スコープは、論理演算子の働きが及ぶ範囲のことをいう。
(産業図書、数理言語学辞典、2013年、四七頁:命題論理、今仁生美)
(02)
漢文に於ける、括弧は、漢字のスコープ(管到)を明示する働きを持つ。管到は、漢字の意味が及ぶ範囲のことをいふ。
従って、
(02)により、
(03)
① 君子不{以[其所‐以〔養(人)〕者]害(人)}。
であれば、
①   不 の意味は、{以其所‐以養人者害人}に及んでゐて、
①   以 の意味は、[其所‐以養人者]に及んでゐて、
① 所‐以 の意味は、〔養人〕に及んでゐて、
①     養 の意味は、(人)に及んでゐて、
①     害 の意味は、(人)に及んでゐる。
然るに、
(04)
① 不{以其所‐以養人者害人}
に於いて、
①   {以其所‐以養人者害人}は、
① 不 の「補足語」であって、
① 害(人)
に於いて、
①  (人)は、
① 害 の「補足語」である。
従って、
(02)(03)(04)により、
(05)
① 君子不{以[其所‐以〔養(人)〕者]害(人)}。
に於ける「括弧」は、「管到の合成」である所の、「補足構造」を表してゐる。
然るに、
(06)
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。すなわち、その補足構造における語順は、国語とは全く反対である。
(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、二九六頁)
従って、
(05)(06)により、
(07)
① 君子不{以[其所‐以〔養(人)〕者]害(人)}。
に於いて、
   不{ }→{ }不
   以[ ]→[ ]以
 所‐以〔 〕→〔 〕所‐以
   養( )→( )養
   害( )→( )害
といふ「倒置」を行ふと、
① 君子不{以[其所‐以〔養(人)〕者]害(人)}→
① 君子{[其〔(人)養〕所‐以者]以(人)害}不=
① 君子は{[其の〔(人を)養ふ所‐以の〕者を]以て(人を)害せ}不。
といふ「漢文訓読」が、成立する。
従って、
(07)により、
(08)
① 君子は{[其の〔(人を)養ふ所‐以の〕者を]以て(人を)害せ}不。
に於いて、「平仮名」を無視して、
   不{ }←{ }不
   以[ ]←[ ]以
 所‐以〔 〕←〔 〕所‐以
   養( )←( )養
   害( )←( )害
といふ「倒置」を行ふと、
② 君子不{以[其所‐以〔養(人)〕者]害(人)}。
といふ「漢文復文」が、成立する。
従って、
(03)~(08)により、
(09)
① 君子不以其所以養人者害人。
といふ「白文」を、或る人(例へば私)が、
① 君子は其の、人を養ふ所‐以の者を以て、人を害せ不。
といふ風に、「訓読」出来るのであれば、其の人は、
① 君子不以其所以養人者害人。
といふ「白文」の、
① 君子不{以[其所‐以〔養(人)〕者]害(人)}。
といふ「補足構造」を把握してゐる。
然るに、
(10)
① 君子は{[其の〔(人 を)養ふ所‐以の〕者を]以て(人 を)害せ}不。
② 君子は{[其の〔(人間を)養ふ所‐以の〕者を]以て(人 を)害せ}不。
③ 君子は{[其の〔(人 を)養ふ所‐以の〕者を]以て(人間を)害せ}不。
④ 君子は{[其の〔(人間を)養ふ所‐以の〕者を]以て(人間を)害せ}不。
従って、
(06)(10)により、
(11)
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
といふ「漢文の補足構造」は、
① {[‐〔( )〕]( )}
といふ「一通り」しか、存在しない。
然るに、
(12)
「返り点」は、次の通りである。
君子不乙 
従って、
(11)(12)により、
(13)
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
といふ「漢文」の「補足構造」は、
① {[‐〔( )〕]( )}
といふ「一通り」しか、無いにも拘はらず、「返り点」は、
① 乙 下 二‐ 一レ 上 甲レ
② 乙 下 三‐ 二 一 上 甲レ
③ 丙 下 二‐ 一レ 上 乙 甲
④ 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
といふ風に「四通り」が有る。
然るに、
(14)

君子不丙 
従って、
(13)(14)により、
(15)
①        一レ   甲レ
といふ「レ点」が無ければ、
① {[‐〔( )〕]( )}
といふ「一つの、補足構造」に対しては、
④ 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
とふ「一つの、返り点」しか、存在しない。
従って、
(09)(13)(15)により、
(16)
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
といふ「漢文の補足構造の把握」といふ「観点」からすれば、「返り点」が、
① 乙 下 二‐ 一レ 上 甲レ
② 乙 下 三‐ 二 一 上 甲レ
③ 丙 下 二‐ 一レ 上 乙 甲
④ 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
といふに「四通り」が有ることは、「好ましいこと」ではない。
加へて、
(17)
④ 丙{下[三‐〔二(一)〕上]乙(甲)}。
に於いて、
   丙{ }→{ }丙
下[ ]→[ ]下
 三‐〔 〕→〔 〕三‐
   二( )→( )二
乙( )→( )乙
といふ「倒置」を行ふと、
④ 丙{下[三‐〔二(一)〕上]乙(甲)}→
④ {[〔(一)二〕三‐上]下(甲)乙}丙=
④ 一 二 三‐ 上 下 甲 乙 丙。
従って、
(18)
④ 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
もまた、
① {[‐〔( )〕]( )}
といふ「補足構造」を、表している。
従って、
(16)(18)により、
(19)
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
といふ「漢文」の「補足構造の把握」といふ「観点」からすれば、「返り点」は、
① 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
② 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
③ 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
④ 丙 下 三‐ 二 一 上 乙 甲
といふ、「一通り」で、あるべきである。
然るに、
(20)
漢字のスコープ(管到)を明示する上で、「一番簡単で、確実」なのは、明らかに、「括弧」である。
従って、
(07)(09)(20)により、
(21)
自非括弧不可以示管到。然不知管到不能読白文。 加之固括弧者漢文所自備之括弧也。故如日本之学生有欲能読白文者則宜以括弧学其管到矣。
自〔非(括弧)〕不[可〔以示(管到)〕]。然不〔知(管到)〕不[能〔読(白文)〕]。 加(之)固括弧者漢文所(自備)之括弧也。
故如日本之学生有[欲〔能読(白文)〕者]則宜〔以(括弧)学(其管到)〕矣。
括弧に非ざる自りは以て管到を示す可からず。然れども、管到を知らざれば白文を読むこと能はず。 之に加はるに、固より括弧は、漢文の自ら備ふる所の括弧なり。故に、日本の学生に能く白文を読まんと欲する者有らば則ち、宜しく括弧を以て其の管到を学ぶ可し。
然るに、
(22)

君子は 
然るに、
(23)
一、レ点
これまでと同様に打つ。
二、一二点
これは、 先に読む部分を丸括弧に入れてひとまとまりとして扱い、返り点としてはレ点を使用する。
(漢文訓読の返り点に括弧を導入して構造化する試み)
従って、
(22)(23)により、
(24)
「漢文訓読の返り点に括弧を導入して構造化する試み」の「規則」に従ふと、
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
に付く、「丸括弧&レ点」は、次のやうになる。

君子不レ 
従って、
(25)
「レ点」を「v」で表すと、「丸括弧」以外も用ゐると、
① 君子不v[以v〔其(所以)v(養v人)者〕害v人]。
② 君子不v{以v[其(所以)v〔養v(人間)〕者]害v人}。
③ 君子不v[以v〔其(所以)v(養v人)者〕害v(人間)]。
④ 君子不v{以v[其(所以)v〔養v(人間)〕者]害v(人間)}。
といふ、ことになる。
従って、
(26)
「v」も除き、「括弧」だけを示すと、
① [〔( )( )〕]
② {[( )〔( )〕]}
③ [〔( )( )〕( )]
④ {[( )〔( )〕]( )}
従って、
(11)(24)(25)(26)により、
(27)
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
といふ「漢文の補足構造」は、
① {[‐〔( )〕]( )}
といふ「一通り」しか、存在しないにも拘はらず、「漢文訓読の返り点に括弧を導入して構造化する試み」による「それ」は、
① [〔( )( )〕]
② {[( )〔( )〕]}
③ [〔( )( )〕( )]
④ {[( )〔( )〕]( )}
といふ具合に、「四通り」が有って、尚且つ、それらの中には、
① {[‐〔( )〕]( )}
と「同じ配置の、括弧」は無い。
従って、
(11)(27)により、
(28)
「漢文訓読の返り点に括弧を導入して構造化する試み」である所の、
① 君子不v[以v〔其(所以)v(養v人)者〕害v人]。
② 君子不v{以v[其(所以)v〔養v(人間)〕者]害v人}。
③ 君子不v[以v〔其(所以)v(養v人)者〕害v(人間)]。
④ 君子不v{以v[其(所以)v〔養v(人間)〕者]害v(人間)}。
といふ「それ」は、
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
といふ「漢文の補足構造」を、表しては、ゐない。
然るに、
(29)

TU.png 
従って、

(29)により、
(30)
① (所以)
② (所以)
③ (所以)
④ (所以)
は、本来は、
①  所‐以
②  所‐以
③  所‐以
④  所‐以
であるため、「このこと」を一つ取っても、
① 君子不v[以v〔其(所以)v(養v人)者〕害v人]。
② 君子不v{以v[其(所以)v〔養v(人間)〕者]害v人}。
③ 君子不v[以v〔其(所以)v(養v人)者〕害v(人間)]。
④ 君子不v{以v[其(所以)v〔養v(人間)〕者]害v(人間)}。
に於ける「括弧」は、
① 君子不以其所以養人者害人。
② 君子不以其所以養人間者害人。
③ 君子不以其所以養人者害人間。
④ 君子不以其所以養人間者害人間。
といふ「漢文の補足構造」を、表しては、ゐない。
(31)
⑤ 非不欲取之=之を取らんと欲せざるに非ず。
であれば、「返り点に対する括弧の用法」と、「漢文訓読の返り点に括弧を導入して構造化する試み」は、
⑤ 非{不[欲〔取(之)〕]}。
⑤ 非v不v欲v取v之。
である。
然るに、
(32)
⑤ 非{不[欲〔取(之)〕]}。
の場合は、「二重否定」といふ、「補足構造」を表してゐるのに対して、
③ 非v不v欲v取v之。
の場合は、ただ単に、「逆に読む」をことを「指示」してゐるに、過ぎない。
従って、
(33)
一、レ点
これまでと同様に打つ。
とした時点で、「漢文訓読の返り点に括弧を導入して構造化する試み」は、「漢文の構造」を示す「方向」には向いてはをらず、「訓読の順序」を示す「方向」に向いてゐると、せざるを得ない。
平成28年09月09日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「返り点」に対する「括弧」の付け方。)
次のページ(「括弧」と「返り点」と「語順」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント