もう一度、「鏡の中の上下左右」について。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

もう一度、「鏡の中の上下左右」について。

(01)
① AE(鏡の外)
と書かれた「Tシャツ」を着た「人物α」が、「鏡の前」に立つ時、
① AE(鏡の外)  の「文字」は、
② ∃A(鏡の中)  に、見えます。
然るに、
(02)
① AE(鏡の外)
と書かれた「Tシャツ」を着た「人物α」が、「回れ右」をして「こちらに向け」ば、当然、
① AE(鏡の外) は、
① AE(鏡の外) に見えます。
然るに、
(03)
② ∃A(鏡の中) と、
① AE(鏡の外) を「比較」すると、「上下は等しく、左右が逆」です。
従って、
(01)(02)(03)により、
(04)
(Ⅰ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「回れ右」をしてゐない。
(05)
① AE(鏡の外)
と書かれた「Tシャツ」を着た「人物α」が、「逆立ち」をして「こちらに向け」ば、当然、
① AE(鏡の外) は、
③ ∃∀(鏡の外) に見えます。
然るに、
(06)
② ∃A(鏡の中) と、
③ ∃∀(鏡の外) を「比較」すると、「左右は等しく、上下が逆」です。
従って、
(01)(05)(06)により、
(07)
(Ⅱ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「逆立ち」をしてゐない。
従って、
(04)(07)により、
(08)
(Ⅰ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「回れ右」をしてゐない。
(Ⅱ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「逆立ち」をしてゐない。
然るに、
(09)
i8000336さん2016/9/1615:27:59
全身の映る鏡で自分を見た時、左右は反対になるのに対して、上下が反対に写らないのはなぜですか?
従って、
(08)(09)により、
(10)
i8000336さん は、
(Ⅱ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「逆立ち」をしてゐない。
といふことは、認めるものの、
(Ⅰ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「回れ右」をしてゐない。
といふことに関しては、それを認めず、その「結果」として、
② ∃A(鏡の中) と、
① AE(鏡の外) では、「上下は等しく、左右が逆」である。
といふことをだけを、「矛盾」であると、判断します。
然るに、
(11)
① AE(鏡の外)
と書いた「コピー用紙等」を「裏返し」にして、「後ろから光」を当てると、
① AE(鏡の外)
といふ「文字」は、
② ∃A(鏡の外)
といふ風に、見えます。
従って、
(12)
① AE(鏡の外)
と書かれた「Tシャツ」を着た「人物α」が、「鏡の前」に立つ時、
① AE(鏡の外) の「文字」が、
② ∃A(鏡の中) といふ風に、見えるといふことは、
① AE(鏡の外) の「文字」を、
②「裏側」から、透かして見てゐる「状態」に相当します。
従って、
(12)により、
(13)
(Ⅰ)「鏡の中」に見えてゐる「AEと書かれたTシャツ」を着てゐる「人物α」が、「回れ右」をしてゐない。
といふことは、「確実」です。
従って、
(14)
(Ⅰ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「回れ右」をしてゐない。以上、
(Ⅰ)「鏡の中」に見えてゐる「人物α」は、「回れ右」をしてゐる。との「前提」に基づく、
全身の映る鏡で自分を見た時、左右は反対になるのに対して、上下が反対に写らないのはなぜですか?
といふ「質問」は、成立しません。
平成28年09月22日、毛利太(logosautou)。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「括弧(返り点)」で表すことが出来ない「順番(WH疑問文)」。)
次のページ(「返り点」に対する「括弧」の付け方。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント