係る・(及ぶ)・並ぶ。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

係る・(及ぶ)・並ぶ。

(01)
(一)主述関係  主語 ― 述語
(二)修飾関係 修飾語 ― 被修飾語
(三)補足関係 叙述語 ― 補足語
(四)並列関係 並列語 ― 並列語
漢語の文法は上述の基本構造における語順が、その重要な基礎になっているのであって、その実詞は単に語順による結合によって、連語を構成していることが多い。それで、この点からいえば、漢語の文法は比較的簡単であるともいうことができる。
(鈴木直治著、中国語と漢文、1975年、281~5頁、抜粋)
従って、
(01)により、
(02)
「漢文の基本構造」は、
(一) 主語 ― 述語
(二)修飾語 ― 被修飾語
(三) 述語 ― 補語
(四)並列語 ― 並列語
といふ、「四通り」である。
(03)
① 孔子聖人=孔子は聖人なり。
の場合は、
① 主語 ― 述語
である。
然るに、
(04)
① 孔子聖人=孔子は聖人なり。
に於いて、
① 孔子 は 聖人 に「係ってゐる」とする。
(05)
② 聖人=聖なる人。
の場合は、
連体修飾語 ― 被修飾語
である。
然るに、
(06)
② 聖人=聖なる人。
に於いて、
② 聖 は 人 に「係ってゐる」とする。
(07)
③ 必読=必ず読む。
の場合は、
連用修飾語 ― 被修飾語
である。
然るに、
(08)
③ 必読=必ず読む。
に於いて、
③ 必 は 読 に「係ってゐる」とする。
(09)
④ 読漢文=漢文を読む。
の場合は、
④ 述語 ― 補語
である。
然るに、
(10)
④ 読漢文=漢文を読む。
に於いて、
④ 読 は 漢文 に「及んでゐる」とする。
(11)
⑤ 父母=父の母(Father's mother)。
ではなく、
⑤ 父母=父と母(Father and mother)。
の場合は、
⑤ 並列語 ― 並列語
である。
然るに、
(12)
⑤ 父母=父と母(Father and mother)。
に於いて、
⑤ 父 と 母は「並んでゐる」とする。
従って、
(02)~(12)により、
(13)
「漢文の基本構造」である、
(一  主語 ― 述語
(二)修飾語 ― 被修飾語
(三) 述語 ― 補語
(四)並列語 ― 並列語
といふ、「四通り」に於いて、
(一  主語 は 述語に  「係ってゐる」。
(二)修飾語 は 被修飾語に「係ってゐる」。
(三) 述語 は 補語    に「及んでゐる」。
(四)並列語 は 並列語  に「並んでゐる」。
従って、
(14)
「漢文の基本構造」である、
(一) 主語 ― 述語
(二)修飾語 ― 被修飾語
(三) 述語 ― 補語
(四)並列語 ― 並列語
といふ、「四通り」は、
(Ⅰ)囗 は 囗 に「係ってゐる」。
(Ⅱ)囗 は 囗 に「及んでゐる」。
(Ⅲ)囗 と 囗 は「並んでゐる」。
といふ、「三通り」に、「分類」出来る。
然るに、
(15)
(Ⅰ)囗 は 囗 に「係ってゐる」。
(Ⅱ)囗 は 囗 に「及んでゐる」。
(Ⅲ)囗 と 囗 は「並んでゐる」。
といふ場合に於いて、それぞれ、
(Ⅰ)囗‐囗
(Ⅱ)囗(囗)
(Ⅲ)囗・囗
といふ風に、書くことにする。
従って、
(15)により、
(16)
① 父母国=父母の国。
であれば、
① 父・母‐国
である。
(17)
② 父母国=父の母の国。
であれば、
② 父‐母‐国
である。
従って、
(18)
③ 我愛父母国=私は父の母の国を愛す。
であれば、
③ 我‐愛(父‐母‐国)。
である。
従って、
(19)
④ 我不愛父母国=私は父の母の国を愛さない。
であれば、
④ 我‐不(愛(父‐母‐国))。
であるものの、
④ 我‐不〔愛(父‐母‐国)〕。
とする。
(20)
⑤ 非不愛父母国也=父母の国を愛さないのではないのである。
であれば、
⑤ 非(不(愛(父・母‐国)))也。
であるものの、
⑤ 非[不〔愛(父・母‐国)〕]也。
とする。
(21)
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者也=
⑥ 私は必ずしも中国語を理解する方法を用ゐて漢文を理解しようとする者ではないのである。
であれば、
⑥ 我‐非(必‐求(以(解(中国語)‐法)解(漢文))‐者)也。
であるものの、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中国語)‐法〕解(漢文)]‐者}也。
とする。
従って、
(15)(21)により、
(22)
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者也。
といふ「漢文」に於いて、
⑥ 我 が 非             に「係ってゐて」、
⑥ 非 が{必求以解中国語法解漢文者}に「及んでゐて」、
⑥ 必 が   求            に「係ってゐて」、
⑥ 求 が  [以解中国語法解漢文] に「及んでゐて」、
⑥ 以 が   〔解中国語法〕    に「及んでゐて」、        
⑥ 解 が    (中国語)     に「及んでゐて」、
⑥ 解中国語 が     法      に「係ってゐて」、
⑥ 解 が         (漢文) に「及んでゐて」、
⑥ 必求以解中国語法解漢文 が   者 に「係ってゐる」。
ならば、その時に限って、
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者也。
といふ「漢文」は、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中国語)‐法〕解(漢文)]‐者}也。
といふ「構造(シンタックス)」をしてゐる。
然るに、
(23)
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。その補足構造における語順は、国語とは全く反対である。
(鈴木直治著、中国語と漢文、1975年、296頁)
従って、
(14)(15)(22)(23)により、
(24)
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中国語)‐法〕解(漢文)]‐者}也。
に於いて、
 非{ }⇒{ }非
 求[ ]⇒[ ]求
 以〔 〕⇒〔 〕以
 解( )⇒( )解
 解( )⇒( )解
といふ「移動(返読)」によって、得られる、
⑥ 我‐{必‐[〔(中国語)解‐法〕以解(漢文)]求‐者}非也。
といふ「語順」は、「国語(訓読)」の「語順」である。
従って、
(24)により、
(25)
⑥ 我‐{必‐[〔(中国語)解‐法〕以解(漢文)]求‐者}非也=
⑥ 我は{必ずしも[〔(中国語を)解する法を〕以て(漢文を)解せんことを]求むる者に}非ざる也。
といふ「語順」は、「国語(訓読)」の「語順」である。
従って、
(22)~(25)により、
(26)
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者也。
に於いて、
⑥「どの漢字」が「どの漢字」に「係ってゐて」、
⑥「どの漢字」が「どこまで」に「及んでゐる」のか。
といふことを、示した「結果」が、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中国語)‐法〕解(漢文)]‐者}也。
であって、尚且つ、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中国語)‐法〕解(漢文)]‐者}也。
といふ「構造(シンタックス)」を、「把握」出来るならば、
⑥ 我は{必ずしも[〔(中国語を)解する法を〕以て(漢文を)解せんことを]求むる者に}非ざる也。
といふ「漢文訓読」が、「可能」になる。
従って、
(27)
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者也。
に於いて、
⑥「どの漢字」が「どの漢字」に「係ってゐて」、
⑥「どの漢字」が「どこまで」に「及んでゐる」のか。
といふことを、「把握」出来るのであれば、
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者也=
⑥ 我非必求 中国語漢文也=
⑥ 我非{必求[以〔解(中国語)法〕解(漢文)]者}也。
といふ「漢文」は、「訓読」出来る。
従って、
(28)
⑦ 我読書。
に於いて、
⑦ 我 が 読 に「係ってゐて」、
⑦ 読 が 書 に「及んでゐる」。
といふことを、「把握」出来るのであれば、
⑦ 我読書。
といふ「漢文」は、「訓読」出来る。
然るに、
(29)
⑦ 我読書。
に於いて、
⑦ 我 が 読 に「係ってゐて」、
⑦ 読 が 書 に「及んでゐる」。
のであれば、
⑦ 我 は、
⑦ 読 を「介して」、
⑦ 書 に「及んでゐる」。
然るに、
(30)
⑦ 我 が、
⑦ 読 を 介して、
⑦ 書 に「及んでゐる」。
のであれば、
⑦ 書 を 読んだのは、我 である。
(31)
例えば、京都大学において、その中国文化の研究について、大きな基礎を作られた狩野直喜氏(一八六六~一九四七)は、その教えを受けた倉石武四郎(一八九七~)」に、かつて「自分たちが訓読するのは、そういう習慣になっていたから、いちおう訓読するだけで、実は、原文を直読しているのである」と語られたという(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、385頁)。
(32)
この場合、
「そういう習慣になっていたから、いちおう訓読するだけで、実は、原文を直読しているのである。」といふのは、昔の人は、例へば、
⑧ 使籍誠不以畜妻子憂飢寒乱心有銭財以済医薬。
といふ「漢文」を見ると「ほとんど、同時」に、
⑧ 使{籍誠‐不[以〔畜(妻・子)憂(飢・寒)〕乱(心)]有(銭・財)以済(医薬)}。
といふ「構造(シンタックス)」が、思ひ浮かんだのだと、思はれる。
(33)
⑧ 使籍誠不以畜妻子憂飢寒乱心有銭財済医薬。
に於いて、
は「接続詞」なので、〔済(医薬)〕 とは、ならない。
平成28年12月04・05日、毛利太。
―「昨日の記事」の続きです。―
然るに、
(14)(15)により、
(34)
⑥ 中国語=中華の国の語
⑥ 漢文 = 漢の  文
であるならば、
⑥ 中国語
⑥ 漢文
ではなく、
⑥ 中‐国‐語
⑥ 漢‐文
でなければ、ならない。
従って、
(35)
⑥ 中国語=中華の国の語
⑥ 漢文 = 漢の  文
であるならば、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中国語)‐法〕解(漢文)]‐者}也。
ではなく、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中‐国‐語)‐法〕解(漢‐文)]‐者}也。
でなければ、ならない。
然るに、
(36)
【也】「句法①」〔・・・・・也〕(断定)「・・・・・なり」と読み「・・・・・である」の意。
(高校基礎漢和辞典、1984年、109頁)
従って、
(35)(36)により、
(37)
⑥ 也=・・・・・である。
を除くと、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中‐国‐語)‐法〕解(漢‐文)]‐者}。
でなければ、ならない。
然るに、 
(38)
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者=
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中‐国‐語)‐法〕解(漢‐文)]‐者}。
⑥ 我は{必ずしも[〔(中国の語を)解する法を〕以て(漢の文を)解せんことを]求むる者に}非ず。
に対する「返り点」は、
⑥ 我‐非必‐求 中‐国‐語漢‐文
である。
従って、
(38)により、
(39)
例へば、
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中‐国‐語)‐法〕解(漢‐文)]‐者}。
といふ「漢文」であれば、
⑥ 非{
⑥ 求[
⑥ 以〔
⑥ 解(
⑥ 語 )
⑥ 法 〕
⑥ 解(
⑥ 文 )
⑥ 文 )]
⑥ 者 }
のやうに、「その左側」に、{[〔( )〕]}が付いてゐる「漢字」には、「返り点」が付いてゐて、
⑥ 我‐
⑥ 必‐
⑥ 中‐
⑥ 国‐
⑥ 漢‐
のやうに、「その左側」に、「ハイフン(‐)」が付いてゐる「漢字」には、「返り点」が付いてゐない。
然るに、
(40)
⑥ 我非必求以解中国語法解漢文者=
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中‐国‐語)‐法〕解(漢‐文)]‐者}=
⑥ 1‐E{2‐C[8〔6(3‐4‐5)‐7〕B(9‐A)]‐D}。
に於いて、
 E{ }⇒{ }E
 C[ ]⇒[ ]C
 8〔 〕⇒〔 〕8
 6( )⇒( )6
 B( )⇒( )B
といふ「移動(返読)」を行ふと、
⑥ 1‐{2‐[〔(3‐4‐5)6‐7〕8(9‐A)B]C‐D}E=
⑥ 我‐{必‐[〔(中‐国‐語)解‐法〕以解(漢‐文)]求‐者}非=
⑥ 我は{必ずしも[〔(中国の語を)解する法を〕以て(漢の文を)解せんことを]求むる者に}非ず。
といふ「漢文訓読」が、成立する。
従って、
(40)により、
(41)
⑥ 我‐非{必‐求[以〔解(中‐国‐語)‐法〕解(漢‐文)]‐者}=
⑥ 1‐E{2‐C[8〔6(3‐4‐5)‐7〕B(9‐A)]‐D}。
に於いて、
⑥ E{ D}
⑥ C[ B]
⑥ B( A)
⑥ 8〔 7〕
⑥ 6( 5)
である。
然るに、
(42)
⑥ E-D=14-13=1
⑥ C-B=12-11=1
⑥ B-A=11-10=1
⑥ 8-7=1
⑥ 6-5=1
は、「引き算」である。
cf.
アルファベットは、16進数。
従って、
(41)(42)により、
(43)
⑥ E{ D} に於いて、{ }の中に在る「最大の数」は、「Eよりも、1だけ小さい」。
⑥ C[ B] に於いて、[ ]の中に在る「最大の数」は、「Cよりも、1だけ小さい」。
⑥ B( A) に於いて、( )の中に在る「最大の数」は、「Bよりも、1だけ小さい」。
⑥ 8〔 7〕 に於いて、〔 〕の中に在る「最大の数」は、「8よりも、1だけ小さい」。
⑥ 6( 5) に於いて、( )の中に在る「最大の数」は、「6よりも、1だけ小さい」。
従って、
(43)により、
(44)
例えば、
⑥ 8〔6 〕& 8‐7=+1
に対して、
⑥ 8〔 7〕& 8‐9=-1
⑥ 8〔7 〕& 8‐9=-1
のやうな、
⑥ 8〔囗 囗〕
といふ「括弧」は、有り得ない。
然るに、
(45)
⑥ 8
に於ける、
⑥ 二 < 三 > 一
といふ「返り点」も、有り得ない。
然るに、
(46)
⑦ Who are you?=あなたは 誰 である。
の場合の「それ」は、
⑦ Whoareyou
である。
従って、
(44)(45)(46)により、
(47)
⑦ Who are you?=あなたは 誰 である。
に対して、「括弧・返り点」を用ゐることは、出来ない。
加へて、
(48)
⑨ What(are[you looking〔 )for〕]?⇒
⑨ ([you 〔 )Whatfor〕looking]are?=
⑨ ([あなたは〔 )何を〕探して]ゐるか。
に於いて、
⑨ ( [ 〔 ) 〕 ] は、「括弧」ではないし、
⑨ What are you looking for
に於いて、
⑨ 二 < 五 > 一 四 三
といふ「返り点」も、有り得ない。
然るに、
(49)
⑦ Who are you?=あなたは 誰 である。
ではなく、
⑧ Are you who?=あなたは 誰 である。
であるならば、
⑧ Are(you who)?=あなたは 誰 である。
⑧ Areyou who
である。
加へて、
(50)
⑩ Are[you looking〔for(what)〕]?⇒
⑩ [you〔(what)for〕 looking]Are?=
⑩ [あなたは〔(なに)を〕探して]ゐるか。
に於いて、
⑩ [ 〔 ( ) 〕 ] は、「 括弧 」であって、
⑩ Are you looking for what
に於いて、
⑩ 四 三 二 一   は、「返り点」である。
従って、
(47)~(50)により、
(51)
⑦ Who are you?
⑨ What are you looking for?
といふ「英語」だけでなく、
⑧ Are you who?
⑩ Are you looking for what?
といふ「英語」も「正しい」とするならば、「少なからぬ、英文」に於いても、「括弧・返り点」を用ゐた「訓読」が、可能になる。
平成28年12月05日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ((丸括弧)と「一二点」だけは「読みにくい」。)
次のページ((( ))は「読みにくい」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント