(丸括弧)と「一二点」だけは「読みにくい」。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

(丸括弧)と「一二点」だけは「読みにくい」。

(01)
① ( ( ( )( ( ( )( ) ) ) )( ( )( ) ) )
② ( ( ( )( )( )( ) )( ) )( )( ) ) )
の場合は、
① 〈 { ( )[ 〔 ( )( ) 〕 ] }〔 ( )( ) 〕 〉
② [ 〔 ( )( )( )( ) 〕( ) ]( )( ) ) )
に相当する。
然るに、
(02)
② [ 〔 ( )( )( )( ) 〕( ) ]( )( ) ) )
であるならば、
②                      ( )( ) ) )
に於いて、
②                                                        ) )
に対する、「左側の括弧」が、「二個、足りない」。
従って、
(03)
① ( ( ( )( ( ( )( ) ) ) )( ( )( ) ) )
は正しいが、
② ( ( ( )( )( )( ) )( ) )( )( ) ) )
は間違いである。これをチェックするのはいい頭の体操になるが、プログラミング用に、括弧の対応をチェックするエディタもある。この原稿を書いている「秀丸」でもそれができるので、実は右の例はその機能を使ってチェックしたのである(木村大治、括弧の意味論、2011年、一八頁改)。
従って、
(01)(02)(03)により、
(04)
① 〈 { ( )[ 〔 ( )( ) 〕 ] }〔 ( )( ) 〕 〉
② [ 〔 ( )( )( )( ) 〕( ) ]( )( ) ) )
に対して、
① ( ( ( )( ( ( )( ) ) ) )( ( )( ) ) )
② ( ( ( )( )( )( ) )( ) )( )( ) ) )
のやうな「丸括弧」だけでは、「読みにくい」。
(05)
ASCIIとは、アルファベットや数字、記号などを収録した文字コードの一つ。 最も基本的な文字コードとして世界的に普及している(IT用語辞典)。
然るに、
(06)
③ A B C D E F G H I J K L M N O P Q.
に対する「ASCIIコード」は、
③ 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81.
である。
従って、
(06)により、
(07)
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
に対する「ASCIIコード」は、
① 81 73 66 65 72 71 68 67 70 69 79 75 74 77 76 78 80.
である。
然るに、
(08)
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P=
① Q〈I{B(A)H[G〔D(C)F(E)〕]}O〔K(J)M(L)N〕P〉=
① 81〈73{66(65)72[71〔68(67)70(69)〕]}79〔75(74)77(76)78〕80〉.
に於いて、
 81〈 〉⇒〈 〉81
 73{ }⇒{ }73
 66( )⇒( )66
 72[ ]⇒[ ]72
 71〔 〕⇒〔 〕71
 68( )⇒( )68
 70( )⇒( )70
 79〔 〕⇒〔 〕79
 75( )⇒( )75
 77( )⇒( )77
といふ「移動」を行ふと
① 〈{(65)66[〔(67)68(69)70〕71]72}73〔(74)75(76)77 78〕79 80〉81=
① 〈{(A)B[〔(C)D(E)F〕G]H}I〔(J)K(L)M N〕O P〉Q=
①    A B C D E F G H I J K L M N O P Q.
といふ「並び替へ(ソート)」が、成立する。
従って、
(08)により、
(09)
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
といふ「アルファベット」に、
① 81 73 66 65 72 71 68 67 70 69 79 75 74 77 76 78 80.
といふ「順番」を与へることは、
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
といふ「アルファベット」に、
① 〈 { ( )[ 〔 ( )( ) 〕 ] }〔 ( )( ) 〕 〉
といふ「括弧」を加へることに、等しい。
然るに、
(10)
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
といふ「アルファベット」に、
① 81 73 66 65 72 71 68 67 70 69 79 75 74 77 76 78 80.
といふ「順番」を与へることは、
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
といふ「アルファベット」に、
① 17 09  02  01  08  07  04  03  06  05  15  11  10  13  12  14  16.
といふ「順番」を与へることは、等しい。
従って、
(09)(10)により、
(11)
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
といふ「アルファベット」に、
① 17 09  02  01  08  07  04  03  06  05  15  11  10  13  12  14  16.
といふ「順番」を与へることは、
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
といふ「アルファベット」に、
① 〈 { ( )[ 〔 ( )( ) 〕 ] }〔 ( )( ) 〕 〉
といふ「括弧」を加へることに、等しい。
然るに、
(12)
② B(C{A)}
② 2(3{1)}
に於いて、
②   (  {  )
は、「括弧」ではない。
従って、
(12)により、
(13)
② 2<3>1 & 2-1=1
のやうな「順番」を、「括弧」を用ゐて、
② 1<2<3
といふ「順番」に「並び替へる(ソートする)」は、出来ない。
従って、
(11)(13)により、
(14)
① Q I B A H G D C F E O K J M L N P.
② B C A
に於いて、「括弧」は、
① を、「アルファベット順」に「並び替へること」は、出来ても、
② を、「アルファベット順」に「並び替へること」は、出来ない。
然るに、
(15)
① 17 09  02  01  08  07  04  03  06  05  15  11  10  13  12  14  16.
を、「漢数字」に置き換へれば、
③ 十七 九  二  一  八  七  四  三  六  五  十五  十一  十  十三  十二  十四  十六
は、「一二点」である。
然るに、
(16)
③ 十七 九  二  一  八  七  四  三  六  五  十五  十一  十  十三  十二  十四  十六
といふ「一二点」は、
④ 地 戊  二  一  丁  丙  二  一  乙  甲  下  二  一  二  一  上  天
といふ「返り点」に相当する。
然るに、
(17)
④ 地 戊  二  一  丁  丙  二  一  乙  甲  下  二  一  二  一  上  天
であれば、
④「甲乙点」の中に、二つの「一二点」があって、
④「上下点」の中に、二つの「一二点」があって、
④「全体」を、「天地点」が挟んでゐる。
といふ「構造」が「見て取れる」。
然るに、
(18)
③ 十七 九  二  一  八  七  四  三  六  五  十五  十一  十  十三  十二  十四  十六
のやうな「一二点」の場合は、当然、そのやうな「構造」は無い。
従って、
(17)(18)により、
(19)
「返り点」であれば、
 二 二 戊 二 二 下 地
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 一 一 丁 一 一 上 天
    ↑
    丙
    ↑
    乙
       ↑
    甲
のやうに、「下 から 上 に 返り」、
「一二点」であれば、
       九 九 十一 十一 十三 十三 十五 十五 十七
       ↑ ↓ ↑   ↓  ↑  ↓  ↑  ↓  ↑
       八 十 十   十二 十二 十三 十四 十六 十六
       ↑
       七
       ↑
 二 二 四 四 六
 ↑ ↓ ↑ ↓ ↑
 一 三 三 五 五
のやうに、「下 から 上 へ 返り、上 から 下 へ 降りる」ことになる。
従って、
(19)により、
(20)
③ 十七 九  二  一  八  七  四  三  六  五  十五  十一  十  十三  十二  十四  十六
④ 地  戊  二  一  丁  丙  二  一  乙  甲  下   二   一  二   一   上   天
であれば、
③ よりも、
④ の方が、はるかに、「読みやすい」。
従って、
(04)(20)により、
(21)
① ( ( ( )( ( ( )( ) ) ) )( ( )( ) ) )
② 〈 { ( )[ 〔 ( )( ) 〕 ] }〔 ( )( ) 〕 〉
であれば、② の方が「読みやすく」、
③ 十七 九  二  一  八  七  四  三  六  五  十五  十一  十  十三  十二  十四  十六
④ 地  戊  二  一  丁  丙  二  一  乙  甲  下   二   一  二   一   上   天
であれば、④ の方が、「読みやすい」。
然るに、
(22)
すべて一二点に変換すればいいのである。一二点は無限にあるから、どんなに複雑な構文が出現しても対応できる。実際、一二点しか施していないものも過去にはあった。一二点で返ったものを含めて返る必要がある時に上中下点を用いるのは、数学で( )の次に{ }を用いるのと似ている。数式は必ずしも{( )}の形にしなくてもよい。( ( ) )の形であってもその機能は同じである。そして{ }の次に用いる括弧がないから、数学の式を危機管理能力のない非論理的な体系だとは誰も言わない。高等数学ではどのようになっているのか私は詳しいことはわからないが、{ }を用いるのは数式が人間にとって認識しやすく便利だからという理由に過ぎないのではないか。パソコンに計算させるのなら( )をいくら重ねても問題ないのだから(はてなブログ:固窮庵日乗)。
従って、
(03)(21)(22)により、
(23)
間にとって認識しやすく便利」といふ「機能」を考慮する限り、
(Ⅰ)すべて一二点に変換すればいいのである。
(Ⅱ){( )}ではなく、( ( ) )の形であってもその機能は同じである。
といふことには、ならない。
(24)
因みに、インデントとは、プログラムを見やすくするための字下げのこと(C言語入門)であるものの、
  ( )
 )
のやうな、インデントの効果も、
( ( ) ) に対する、
{ ( ) } の効果に、似てゐるものがある。
平成28年12月13日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(荻生徂徠先生へ。)
次のページ(係る・(及ぶ)・並ぶ。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント