荻生徂徠先生へ。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

荻生徂徠先生へ。

(01)
(xとy)の「変域」は、「数」ではなく「人間」であるとする。
(02)
P(x,y)=(xはy)の親である。
とする。
然るに、
(03)
注意2.4.3  ∃xP(x)は、
               ある x があって P(x)である。
あるいは、           
               ある x が存在してP(x)である。
と言っても良いし、場合によっては
               P(x)となる x が存在する。
という言い方もする。要するに、表す内容が同じであれば、表現の仕方にこだわらなくとも良い(中内信光、ろんりの練習帳、2002年、94頁)。
従って、
(01)(02)(03)により、
(04)
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]=
① 全ての人の親であるやうな人は存在しない。
といふ、「意味」になる。
然るに、
(05)
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]
に於いて、
  ~[ ]⇒[ ]~
 ∃x〔 〕⇒〔 〕∃x
  P( )⇒( )P
といふ「移動」を行ふと、
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]⇒
② [〔∀y(x,y)P〕∃x]~=
② [〔全ての(人の)親であるやうな〕人は存在し]ない。
といふ「訓読」が、成立する。
従って、
(04)(05)により、
(06)
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]
といふ「論理式」を、
① 全ての人の親であるやうな人は存在しない。
といふ風に理解する。といふことは、
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]
といふ「論理式」を、
② [〔∀y(x,y)P〕∃x]~
といふ「語順」で読んでゐる。といふことに、他ならない。
然るに、
(07)
数式はたまたま15世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパにおいて、ヨーロッパの言語に象って作り出されたという歴史的偶然を反映したものであるにすぎない(大谷泰照、日本人にとって英語とは何か、2007年、30頁)。
従って、
(04)(07)により、
(08)
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]
といふ「論理式」も、20世紀のヨーロッパとアメリカにおいて、ヨーロッパとアメリカの言語に象って作り出されたという歴史的偶然を反映したものであるにすぎない。
従って、
(07)(08)により、
(09)
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]
といふ「論理式」を、
② [〔∀y(x,y)P〕∃x]~
といふ「語順」で「訓読」したとしても、「何らの問題」も、生じない。
然るに、
(10)
中国の口語文(白話文)も、漢文とおなじように漢字を使っていますが、もともと二つのちがった体系で、単語も文法もたいへんちがうのですから、いっしょにあつかうことはできません。漢文と中国語は別のものです(魚返善雄、漢文入門、1966年、17頁)。
(11)
しからば、口語はAxByであるものを、文章語はABとつづめても、これはこれで完全な文となり得る。かくして記載語のABは、はじめから口語のAxByとは別のものとして発生し、存在したと思われる(吉川幸次郎、漢文の話、1962年、59頁)。
従って、
(10)(11)により、
(12)
「漢文」は、固より、「述語論理」と同じく、「人工言語」としての側面がある。
従って、
(09)(12)により、
(13)
③ 不[有〔人為(全人之親)者〕]
といふ「人工言語」を、
④ [〔人にして(全ての人の親)為る者は〕有ら]ず。
といふ「語順」で「訓読」したとしても、「何らの問題」も、生じない。
従って、
(14)
例へば
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]
③ 不[有〔人為(全人之親)者〕]
といふ「漢文」に対して、
③ 不人為全人之親
といふ「返り点」を加へることにより、
④ 人にして全ての人の親為る者は有らず。
といふ「語順」で「訓読」したとしても、「何らの問題」も、生じない。
然るに、
(15)
その上で徂徠は、こうした恥ずかしい誤りが量産されるのは、訓読という漢文学習法に決定的な問題があるからだと論じる。伝統的なこの方法を、徂徠は「和訓顚読之法」と表現しているが、それは返り点や一二点などを使って顚じて(ひっくり返して)和訓を導くからである
(田尻祐一郎、荻生徂徠、2008年、72頁)。
従って、
(09)(13)(15)により、
(16)
荻生徂徠は、
① ~[∃x〔∀yP(x,y)〕]
といふ「語順」を、
② [〔∀y(x,y)P〕∃x]~=
② [〔全ての(人の)親であるやうな〕人は存在し]ない。
といふ「語順」で読むことに対しても、「異議」を唱へるものと、思はれる。
(17)
「崎陽」は長崎の雅名であり、「崎陽の学」は長崎の唐通事たちを中心とした中国の俗語(口語)の学習を指している(田尻祐一郎、荻生徂徠、2008年、85頁)。
(18)
聖賢の書は当然ながら、口語文とは異質な古い時代の文語文であり、「崎陽の学」を身に付けたからといって、読めるものではなく、それは、現代日本語の会話に通じている外国人が『万葉集』や『源氏物語』を読めるわけではないことににているかもしれない。しかし、それらの古典を読むためには、まず現代日本語の会話から学習しなければならないはずである(田尻祐一郎、荻生徂徠、2008年、85頁)。
然るに、
(19)
>現在のギリシャ人は、プラトンが書いた本を原文で読めますか?
以前ギリシャ出身の留学生(理科系)に尋ねたところ「勉強しないと読めない」と言っていました。日本人が古文を読むのに似た感覚のようです。今の若い世代の人より、古い文法要素の残った文語文の教育を受けた高齢者のほうが楽に読めるらしいです(古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか? - 外国語 | 【OKWAVE】)。
然るに、
(20)
例へば、
THE GOD SENDS THE SON WITH THE MESSENGERS.
ΜΕΤΑ ΤΟΥΣ ΑΓΓΕΛΟΥΣ ΠΕΜΠΕΙ Ο ΘΕΟΣ ΤΟΝ ΥΙΟΝ.
に於いて、
⑤ イギリス語は、「ヨーロッパの言語」であって、
⑥ ギリシャ語も、「ヨーロッパの言語」である。
然るに、
(21)
ΜΕΤΑ ΤΟΥΣ ΑΓΓΕΛΟΥΣ ΠΕΜΠΕΙ Ο ΘΕΟΣ ΤΟΝ ΥΙΟΝ.
といふ「ギリシャ文字」を、「ローマ字」で表すと、次のやうになる。
META TOUS AGGELOUS PENPEI O THEOS TON UION.
従って、
(22)
「⑤と⑥」は、「完全に、別の言語」であるため、
研究社 新英和中辞典での「It's all Greek to me.」の意味
It's all Greek to me.
アクセントIt's áll Gréek to me.
それは私にはまったくちんぷんかんぷんだ 《★Shakespeare 「ジュリアスシーザー」から》.
といふ「英語」が有ることは、少しも、不思議ではない。
然るに、
(23)
漢字は、実は、本場の中国においても、その読み方は地域の自由にまかせているのである。― 中略 ―その多様さはインド・ヨーロッパ語族の多様さに優に匹敵する。それゆえに、もし中国においてことばの表記を表音文字にきりかえたならば、同時に十三以上の外国語ができてしまうということになる(鈴木修次、漢語と日本人、1978年、134・5頁)。
従って、
(17)~(23)により、
(24)
「崎陽の学(中国語の俗語)」と「聖賢の書(中国語の文章語)」との「関係」が、
「英語(ヨーロッパ語)」と「古典ギリシャ語(ヨーロッパ語)」との「関係」に「匹敵」するのであれば、
「それらの古典を読むためには、まず現代語の会話から学習しなければならないはずである。」といふことには、ならない。
加へて、
(25)
文語体と口語体の区別は、もし簡便な基準を探すとなれば、それは耳で聞いてわかるのが口語体で、目で見なければわからないのが文語体だ、といえる。(「開明文言読本」開明書店、1948、導言)呂叔湘氏は人も知る「中國文法要略」(商務印書館、1942)の著者であり、解放後は中國科学院言語研究所長を勤めている超一流の言語学者であり、文化人である(牛島徳次、中國語の学び方、1977年、60頁)。
従って、
(25)により、
(26)
目で見なければわからないのが文語体だ。」といふ風に、中国人自身が、述べてゐる。
加へて、
(27)
徂徠は「題言十則」のなかで以下のように述べている。
中華の人多く言へり、「読書、読書」と。予は便ち謂へり、書を読むは書を看るに如かず、と。此れ中華と此の方との語言同じからざるに縁りて、故に此の方は耳口の二者、皆な力を得ず、唯だ一双の眼のみ、三千世界の人を合はせて、総て殊なること有ること莫し。
ここでの「読書」は、文脈からして音読であろう(勉誠出版、「訓読」論、2008年、27・244頁)
従って、
(27)により、
(28)
音読」は、「目で読む(黙読)よりも劣ってゐる」といふ風に、荻生徂徠自身が、述べてゐる。
然るに、
(29)
目で見なければわからないのが文語体だ。」といふことと、「予は近頃、華音で中国の俗語について知ることが多い。その上で漢文を読んでみると、実によく分かってくる(田尻祐一郎、荻生徂徠、2008年、72頁)。」といふことは、「矛盾」する。
従って、
(30)
予は近頃、華音で中国の俗語について知ることが多い。その上で漢文を読んでみると、実によく分かってくる。」といふのは、おそらくは、「気のせい」である。
平成28年12月14日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(A=B(AがBである)。)
次のページ((丸括弧)と「一二点」だけは「読みにくい」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント