「補足構造」、「括弧」、「返り点」。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「補足構造」、「括弧」、「返り点」。

(01)
目的語と補語とはそれほど区別する必要はないので、
両方併せて、補足語と呼んだり、単に補語と呼んだりしている。
(江連隆、基礎からの漢文、平成五年、二六頁)
(02)
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
に於いて、
① 有の〈補語〉は〈喜、与、不、如、己、者、為、友、心〉である。
① 喜の{補語}は{与、不、如、己、者、為、友}、友、心である。
① 与の[補語]は[不、如、己、者]、喜、者、為、友、心である。
① 不の〔補語〕は〔如、己〕、不、者、喜、者、為、友、心である。
① 如の(補語)は(己)、与、不、如、己、者、為、友、心である。
① 為の(補語)は(友)、与、不、如、己、者、為、友、心である。
従って、
(01)(02)により、
(03)
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
といふ「漢文」の「補足構造」は、
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉。
である。
然るに、
(04)
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。すなわち、
その補足構造における語順は、国語とは全く反対である。
(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、296頁)
従って、
(03)(04)により、
(05)
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
といふ「漢文」の「補足構造」は、
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉。
であって、尚且つ、
「漢文の補足構造」と、
「訓読の補足構造」は、「反対」である。
従って、
(05)により、
(06)
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉=
① 九〈七{四[二〔一(〇)〕三]六(五)}八〉。
に於いて、
九〈 〉⇒〈 〉九
七{ }⇒{ }七
四[ ]⇒[ ]四
二〔 〕⇒〔 〕二
一( )⇒( )一
六( )⇒( )六
といふ「移動」を行ふと、
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉=
① 九〈七{四[二〔一(〇)〕三]六(五)}八〉⇒
① 〈{[〔(〇)一〕二三]四(五)六}七八〉九=
① 〈{[〔(己)如〕不者]与(友)為}喜心〉有=
① 〈{[〔(己に)如か〕ざる者]と(友と)為るを}喜ぶの心〉有り。
といふ、「漢文訓読」が、成立する。
従って、
(06)により、
(07)
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
といふ「漢文」に於ける、
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉。
といふ「補足構造」を、「把握」することは、
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心=
① 九 七 四 二 一 〇 三 六 五 八。
といふ、「訓読の語順」を、「把握」することに他ならない。
然るに、
(08)
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
といふ「漢文」に対して、
① 九 七 四 二 一 〇 三 六 五 八。
といふ「順番」を与へることは、
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
といふ「漢文」に対して、
① 有 己 者 友 心
といふ「返り点」を与へることに、「等しい」。
従って、
(07)(08)により、
(09)
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
といふ「漢文」に対して、
① 有 己 者 友 心
といふ「返り点」を与へることは、
① 有 喜 与 不 如 己 者 為 友 心。
といふ「漢文」に於ける、
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉。
といふ「補足構造」を、「把握」することに、他ならない。
然るに、
(10)
① 有〈喜{与[不〔如(自‐己)〕者]為(‐人友)}心〉。
② 有〈喜{与[不〔如(自‐己)〕者]為(‐人友)}心〉。
③ 有〈喜{与[不〔如(自分)〕者]為(友人)}心〉。
③ 有〈喜{与[不〔如(自‐分)〕者]為(友‐人)}心〉。
といふ、「一通りの、括弧」に対して、
① 有 己 者 友 心
② 有
③ 有 自分 友人
④ 有 自‐分 者 友‐人 心
といふ、「四通りの、返り点」が、「可能」である。
然るに、
(11)
① 有 己 者 友 心
③ 有 自分 友人
といふ「返り点」は、「学校で習ふ、返り点」であって、
② 有
④ 有 自‐分 者 友‐人 心
といふ「返り点」は、「学校で習ふ、返り点」ではない
然るに、
(09)(10)(11)により、
(12)
① 有 己 者 友 心
② 有
であるならば、
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉。
② 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉。
といふ風に、
「補足構造」は、「等しい」にも拘らず、
「 返り点 」は、「 同じ 」ではない。
然るに、
(13)
(Ⅰ)レ 一レ 上レ 甲レ 天レ
(Ⅱ)一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 ・ ・ ・ ・ ・
(Ⅲ)上 中 下
(Ⅳ)甲 乙 丙 丁 戊 己 辛 庚 壬 癸
(Ⅴ)天 地 人
といふ「返り点のセット」から、
(Ⅰ)レ 一レ 上レ 甲レ 天レ
を「除く」ならば、
① 有 己 者 友 心
③ 有 自分 友人
ではなく、
① 有
③ 有 自分 友人
でなければ、ならない。
従って、
(12)(13)により、
(14)
① 有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}心〉。
③ 有〈喜{与[不〔如(自分)〕者]為(友人)}心〉。
に於ける「括弧」が、「補足構造」を表してゐて、尚且つ、
① 有
③ 有 自分 友人
に於ける「返り点」も、「補足構造」を表してゐるとするならば、
(Ⅰ)レ 一レ 上レ 甲レ 天レ
(Ⅱ)一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 ・ ・ ・ ・ ・
(Ⅲ)上 中 下
(Ⅳ)甲 乙 丙 丁 戊 己 辛 庚 壬 癸
(Ⅴ)天 地 人
といふ「返り点のセット」から、
(Ⅰ)レ 一レ 上レ 甲レ 天レ
といふ「レ点」を「除く」、「必要」が有る。
平成二九年〇三月一五日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「管到(ソコープ)」。)
次のページ(「補足構造」と「返り点」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント