「が」=「가」なのだらうか? - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「が」=「가」なのだらうか?

(01)
③ A以外は、   Bでない
④ AでないならばBでない
に於いて、
③=④ である。
(02)
③ AでないならばBでない
④ Aでなくて、 Bである。といふことはない
に於いて、
③=④ である。
然るに、
(03)
③ Aでなくて、である。といふことはない。
であって、Aでない。といふことはない。
に於いて、
③=④ である。
cf.
~(~A&B)=~(B&~A)
然るに、
(05)
③ Bであって、Aでない。といふことはない
④ Bならば、 Aである
に於いて、
③=④ である。
然るに、
(06)
③ BならばAである。
といふことは、
④ BAである。
といふことに、他ならない
従って、
(01)~(06)により、
(07)
③ A以外はBでない。
③ Bは、 Aである。
に於いて、
③=④ である。
cf.
~A→~B=~(~A)∨~B=A∨~B=~(~A&B)=~(B&~A)=~B∨~(~A)=~B∨A=B→A
含意の定義、二重否定律、ド・モルガンの法則、交換の法則、ド・モルガンの法則、二重否定律、含意の定義。
従って、
(07)により、
(08)
③ AはBであり(A以外はBでない)。
④ AはBであり(BはAである)。
に於いて。
③=④ である。
従って、
(08)により、
(09)
② ABである。
③ AはBであり(A以外はBでない)。
④ AはBであり(BはAである)。
に於いて、
②=③ であるならば、その時に限って、
②=④ である。
従って、
(09)により、
(10)
② ABである。
といふ「それ」が、「真(本当)」であって、
②=③ であるならば、その時に限って、
② ABである。
③ AはBであり(A以外はBでない)。
④ AはBであり(BはAである)。
といふ「それ」は、「三つ」とも、「真(本当)」である。
然るに、
(11)
② 東京日本の首都である。
③ 東京以外に日本の首都はない。
④ 日本の首都は東京である。
といふ「命題」は、「三つ」とも、「真(本当)」である。
然るに、
(12)
② 東京日本である。
③ 東京以外に日本はない。
④ 日本は東京である。
といふ「命題」は、「三つ」とも、「偽(ウソ)」である。
然るに、
(13)
① 東京は日本である。
① 東京は日本の首都である。
といふ「命題」は、「二つ」とも、「真(本当)」である。
従って、
(09)~(13)により、
(14)
① AはBである。
といふ「言ひ方」が、
② ABである。
といふ「言ひ方」に、「置き換へる」ことが出来るのであれば、その時に限って、
② ABである。
③ A以外はBでない。
④ BはAである。
といふ「言ひ方」は、「三つとも、正しい」
然るに、
(15)
これ迄に、繰り返し述べて来たものの、
「Aは」に対する、
「A」は、「音による強調形」であって、
強調形」は、「排他的命題」を主張し、
排他的命題」とは、
② AはBであり(A以外はBでない)。
② AはBであり(BはAである)。
といふ「命題」に、他ならない。
然るに、
(16)
wakwak1234123さん2008/2/1815:08:27
韓国語で「~は」は~ヌン、「~」は~ と考えてよいのでしょうか?
corea828さん 2008/2/1822:54:42
基本的にはそれでよいと思いますが、やはり外国語。日本語と100%互換性があるとは言えません。
然るに、
(17)
는(ヌン)は「音」であって、
)は「音」である。
従って、
(14)~(17)により、
(18)
② ABである。
③ AはBであり(A以外はBでない)。
④ AはBであり(BはAである)。
だけでなく、
② ABである。
③ A는Bであり(A以外는Bでない)。
④ A는Bであり(B는Aである)。
であっても、
②=③ であるならば、その時に限って、
②=④ である。
といふ風に、思ってゐた
然るに、
(19)
        カ
母音終りの体言+가
        イ
子音終りの体言+이
カ イ
가/이は、日本語の「~」に相当する助詞ですが、「~」と訳せない場合もあるので注意が必要です。
(趙義成、基本ハングル文法、2015年、18頁改)。
然るに、
(20)
固より、가(カ)/이(イ)は、「音」ではなく、「音」である。
従って、
(20)により、
(21)
音)=가/이(音)
ではなく、
音)가/이(音)
である。
従って、
(17)(21)により、
(22)
는(ヌン)は「音」であって、
)は「音」である、が故に、・・・・・である。
といふ「言ひ方」は、固より、成立しない。
従って、
(22)により、
(23)
② ABである。
③ AはBであり(A以外はBでない)。
④ AはBであり(BはAである)。
だけでなく、
② ABである。
③ A는Bであり(A以外는Bでない)。
④ A는Bであり(B는Aである)。
であっても、
②=③ であるならば、
②=④ である。
といふことには、なりそうもない
平成29年05月22日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「漢文」を学ぶ際に「中国語の知識」は無用である。)
次のページ(「対偶」について。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント