憲法は・憲法が・これを - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

憲法は・憲法が・これを

(01)
① 日本國憲法、主権者たる国民、これ改正す。
といふ「日本語」は、
① 主権者たる国民、日本國憲法改正する。
といふ、「意味」である。
従って、
(01)により、
(02)
① 日本國憲法、主権者たる国民、これ改正す。
であるならば、
① 日本國憲法 =目的語
① 主権者たる国民=主語
である。
然るに、
(03)
② 日本國憲法、主権者たる国民、これ改正す。
であるならば、
② 日本國憲法 =主語
② 主権者たる国民=目的語
である。
従って、
(02)(03)により、
(04)
① 日本國憲法、主権者たる国民、これを改正す。
② 日本國憲法、主権者たる国民、これを改正す。
に於いて、
① 日本國憲法=目的語
② 日本國憲法主語
である。
然るに、
(05)
① 東京は日本である。
② 東京日本である。
に於いて、
① は、正しく、
② は、正しくない
cf.
② (東京と倫敦と巴里であれば、)東京日本である。が、
② (東京以外の道府県も日本であるあるため、)東京日本である。とは、言へない。
然るに、
(06)
① 東京は日本の首都である。
② 東京日本の首都である。
に於いて、
① は、正しく、
② も、正しい。
然るに、
(07)
① 東京は日本であるが、日本は東京ではない
② 東京は日本の首都であって、日本の首都は東京である。
に於いて、
① は、正しく、
② も、正しい。
従って、
(05)(06)(07)により、
(08)
② AはBであって、BはAである。
といふことは、
② ABである。
と言ひ得る上での、「必要条件」である。
然るに、
(09)
② AはBであって、BはAである。
といふことは、
② A=B
といふことに、他ならず、
② A=B
といふことは、
② AはBであって、A以外はBでない
といふことに、他ならない。
従って、
(08)(09)により、
(10)
② AはBであって、A以外はBでない
といふことは、
② ABである。
と言ひ得る上での、「必要条件」である。
従って、
(09)(10)により、
(11)
② A以外はBでない(BはAである)。
といふことを、言ひたい場合は、
② AはBである。
とは言はずに、
② ABである。
といふ風に、言ふことになる。
従って、
(11)により、
(12)
② ABである。
といふことは、
②(A以外ではない所の)ABである。
といふ、「意味」になる。
従って、
(12)により、
(13)
② ABする。
といふことは、
②(A以外ではない所の)ABする。
といふ、「意味」になる。
然るに、
(14)
②(A以外ではない所の)ABする。
といふことは、
② Bする。の「主語」が、Aである。といふことを、「強調」してゐる。といふ風に、「見做す」ことが出来る。
従って、
(15)
③ 日本國憲法_、主権者たる国民、これを改正す。
に於いて、
③ 改定す。の「主語」が、日本國憲法である。といふことを、「強調」する場合に、「相応しい」のは、
① 日本國憲法
ではなく、
② 日本國憲法
である。
従って、
(15)により、
(16)
① 日本國憲法、主権者たる国民、これを改正す。
② 日本國憲法、主権者たる国民、これを改正す。
に於いて、
① 日本國憲法=目的語
② 日本國憲法主語
であるとしても、「矛盾」はない。
平成29年10月15日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「WH疑問文(移動)」と「強調形」と「が」。)
次のページ(「論理式」としての「漢文」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント