「WH疑問文(移動)」と「強調形」と「が」。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「WH疑問文(移動)」と「強調形」と「が」。

(01)
① Tokyo is a city of Japan =
① Tokyo is[a‐city〔of(Japan)〕]⇒
① Tokyo [〔(Japan)of〕a‐cityl]is=
① 東京は[〔(日本)の〕都市]である。
(02)
② Tokyo is the capital of Japan =
② Tokyo is[the‐capital〔of(Japan)〕]⇒
② Tokyo [〔(Japan)of〕the‐capital]is=
② 東京は[〔(日本)の〕首都]である。
(03)
③ No other city but Tokyo is the capital of Japan =
③ No{other‐city〔but(Tokyo)〕is[the‐capital〔of(Japan)〕]}⇒
③ {〔(Tokyo)but〕other‐city[〔(Japan)of〕the‐capital]is}No=
③ {〔(東京)以外の〕他の都市は[〔(日本)の〕首都]では}ない。
従って、
(01)(02)(03)により、
(04)
① 東京は日本の都市である(Tokyo is a city of Japan)。
② 東京は日本の首都である(Tokyo is the capital of Japan)。
③ 東京以外の他の都市は日本の首都ではない(No other city but Tokyo is the capital of Japan)。
に於いて、
① といふ「命題」は、「正しく」、
② といふ「命題」は、「正しく」、
③ といふ「命題」も、「正しい」。
然るに、
(05)
④ 東京以外の都市、日本に在る限りは、日本の都市である。
従って、
(04)(05)により、
(06)
① 東京は日本の都市である。
② 東京は日本の首都である。
といふ「日本語」は、
① 東京は(いくつか有る、日本の都市の)一つである。
② 東京は(一つだけ有る、日本の都市の)一つである。
といふ、「意味」になる。
従って、
(06)により、
(07)
① 東京≠日本の都市
② 東京=日本の首都
である。
従って、
(06)(07)により、
(08)
① 東京は日本の都市である(東京≠日本の都市)。
② 東京は日本の首都である(東京=日本の都市)。
である。
従って、
(08)により、
(09)
一般に、
① PはQである(P≠Q)。
② PはQである(P=Q)。
といふ、「二通り」がある。
然るに、
(10)
② P=Q ならば、その時に限って、
② P以外はQでない(PでないならばQでない)。
従って、
(09)(10)により、
(11)
① PはQである(P以外Qである)。
② PはQである(P以外はQでない)。
といふ、「二通り」がある。
然るに、
(12)
② P以外はQでない(PでないならばQでない)。
は、その「対偶(Contraposition)」である、
③ QならばPである(QはPである)。
に、「等しい」。
cf.
 1  (1)~P→~Q A
  2 (2)~P    A
   3(3) Q    A
 12 (4)~Q    12MPP
 123(5)Q&~Q  34&I
 1 3(6)~~P   25RAA
 1 3(7)  P   6DN
 1  (8)Q→P   38CP
    (9)(~P→~Q)→(Q→P)18CP
 ア  (ア)Q→P   A
  イ (イ)Q     A
   ウ(ウ)~P    A
 アイ (エ)P     アイMPP
 アイウ(オ)~P&P  ウエ&I
 ア ウ(カ)~Q    イオRAA
 ア  (キ)~P→~Q ウカCP
    (ク)(Q→P)→(~P→~Q)アキCP
従って、
(11)(12)により、
(13)
① PはQである(P以外もQである)。
② PはQである(P以外はQでない)。
③ PはQである(QはPである)。
に於いて、
①≠② であって、
②=③ である。
従って、
(13)により、
(14)
① P is Q(P以外もQである)。
② P is Q(P以外はQでない)。
③ P is Q(QはPである)。
に於いて、
①≠② であって、
②=③ である。
然るに、
(15)
① Pは
② Pが
に於いて、
①「は」は「清音」であって、
②「」は「音」である。
然るに、
(16)
もし音を発音するときの物理的・身体的な口腔の膨張によって「音=大きい」とイメージがつくられているのだとしたら、面白いですね。この仮説が正しいとすると、なぜ英語話者や中国語話者も濁音に対して「大きい」というイメージを持っているか説明がつきます(川原繁人、音とことばの不思議な世界、2015年、13頁)。
従って、
(15)(16)により、
(17)
① Pは
② Pが
に於いて、
① の「心理的な音量」は、
② の「心理的な音量」よりも、「大きい」。
然るに、
(18)
① P is Q(P以外もQである)。
② P is Q(P以外はQでない)。
に於いて、
① ではなく、
② である。
といふ風に、「主張」する場合は、
② P is Q(P以外はQでない)。
に於ける
② P
は、「物理的に、強く発音」されるはずである。
従って、
(13)(17)(18)により、
(19)
① P is Q(Pは、普通に発音する)。
ではなく、
② P is Q(Pは、強く発音される)。
といふ、「英語」は、
① PはQである(P以外もQである)。
ではなく、
② PがQである(P以外はQでない)。
③ PがQである(QはPである)。
といふ、「日本語」に、「相当」する。
然るに、
(20)
Definition of exclusive proposition
:a proposition in logic whose predicate is asserted to apply to its subject and no other “none but the brave deserves the fair” is a simple exclusive proposition
(Merriam-Webster since 1828)
従って、
(14)、(17)~(20)により、
(21)
① Pは
に対する、
② P
③ P
といふ「日本語」は、「強調形」であって、
② PがQである(P以外はQでない)。
③ PがQである(QはPである)。
といふ「日本語」は、「排他的命題(exclusive proposition)」である。
従って、
(21)により、
(22)
① 化学は好きです。
に対する、
② 化学好きです。
③ 好きなのは化学です。
といふ「日本語」は、「強調形」であって、「排他的命題(exclusive proposition)」である。
然るに、
(23)
まずは、「目的語」を強調したいときの例を見ていきましょう。
以下は、通常の文の形です。
I like chemistry, but I don't like biology.
「化学は好きだけど、生物は好きじゃない。」という内容の文。
では、この文の「目的語」を強調してみます。
Chemistry I like, but biology I don’t like.
(化学は好きだけど、生物は好きじゃない。)
(Webサイト:英語の倒置法の使い方!強調・否定・仮定を例文付きでズバッと解説!)
従って、
(22)(23)により、
(24)
① 化学は好きです。
に対する、
② 化学好きです。
といふ「日本語」は、「強調形」であって、「排他的命題」であって、
③ 好きなのは化学です。
Chemistry I like.
といふ「 英語 」も、「強調形」であって、「排他的命題」である。
然るに、
(25)
④ 誰かを誉める。
といふことは、
④ その誰か以外は、誉めない
といふ、ことである。
従って、
(25)により、
(26)
をか誉めん(論語、衛霊公)。
といふ、
④ WH疑問文。
の場合は、
④「排他的命題」である。
然るに、
(27)

前置による強調
動詞についての目的語は、その動詞の後に置かれるのが、漢語における基本構造としての単語の配列のしかたである。また、漢語における介詞は、ほとんど、動詞から発達したものであって、その目的語も、その介詞の後に置かれるのが、通則であるということができる。しかし、古代漢語においては、それらの目的語が疑問詞である場合には、いずれも、その動詞・介詞の前におかれている。このように、漢語としての通常の語順を変えて、目的語の疑問詞前置することは、疑問文において、その疑問の中心になっている疑問詞を、特に調強したものにちがいない。
(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、334・5頁)
従って、
(26)(27)により、
(28)
誉(誰をか誉めん)。
といふ、
④ WH疑問文。
の場合は、「強調形」であって、「排他的命題」である。
従って、
(24)(28)により、
(29)
Whom do I praise ?
Who is to be praised(誰が誉められのですか)?
といふ、
④ WH疑問文。
の場合も、「強調形」であって、「排他的命題」であると、「推定」される。
平成29年10月23日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(AはBである=AならばBである。)
次のページ(憲法は・憲法が・これを)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント