「与其得小人」の「其の」について。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「与其得小人」の「其の」について。

(01)
hitomi_taylorさん2013/10/321:19:40
漢文の質問です!
得小人 で
其の小人を得んよりは、となるみたいなのですが。なぜその語順になるのか理解出来なくて
与得小人 ではなぜダメなのでしょうか??教えてください<(_ _)>
ベストアンサーに選ばれた回答
(02)
カテゴリマスター
ohagitodaihukuさん 編集あり2013/10/322:13:31
与其…不如…というのが、~~better than~~ と同じようなイディオムとして使われるのです。だから、この語順と覚えてください。
然るに、
(03)
① 或得其小人=Someone 得 the 小人。
から、
① 或 を「除く」と、
①  得其小人=その(the)小人を得る。
となる。
然るに、
(04)
① 或得其小人。
といふ「漢文」は、
① Someone 得 その(the)小人。
といふ「意味」ではなく、
① Someone 得 彼の(his)小人。
といふ「意味」になる。
従って、
(01)(03)(04)により、
(05)
まず第一に、
hitomi_taylorさんが思ってゐるやうに、
① 得其小人=その(the)小人を得る。
とは、ならない。
然るに、
(06)
」といふ「漢字(多義語)」には、「くみする(親しくなる)、関係する、賛成する、と、ともにする、あたへる、ゆるす、認める、より」等の、「意味」がある。
従って、
(06)により、
(07)
② 其人鋭其去人必速=
② 其与(人)鋭其去(人)必速⇒
② 其(人)与鋭其(人)去必速=
② 其の(人に)与すること鋭ければ其の(人を)去ること必ず速やかならん(蘇武、亡妻王氏墓誌銘)=
② ある人が人と親しくなることに性急であるならば、その人が人から離れることもきっと速いことでしょう(天野成之、漢文基本語辞典、1999年、76頁)。
といふ、「意味」になる。
従って、
(07)により、
(08)
② 其与人=
② 其親人=その人(Someone)が他の人と親しくなる。
である。
従って、
(08)により、
(09)
③ 其得小人=
その人(Someone)小人を得る。
である。
従って、
(09)により、
(10)
の=その人
である。
従って、
(10)により、
(11)
③ 与得小人寧不若得愚人=
③ 与〔其得(小人)〕寧不[若〔得(愚人)〕]⇒
③ 〔其(小人)得〕与寧[〔(愚人)得〕若]不=
③ 〔其の(小人を)得る〕与りは寧ろ[〔(愚人を)得るに〕しか]ず(資治通鑑、周紀)=
その人が小人を得ることは、(その人が)愚人を得ることに、及ばない。
といふ、「意味」になる。
従って、
(11)により、
(12)
③ 其
といふ「漢字」は、
③ 其の
といふ風に「訓読」され、
その人
といふ「意味」になる。
従って、
(12)により、
(13)
③ 其=その人
③ そ=その人
である。
然るに、
(14)
そ【・夫】〔代名(指示・人称)〕
① それ。そこ。その人。そのこと。前にある人や事物をさす。[例]そが言ひけらく[その人言ったことには]〈土佐日記〉
(大修館書店、古語林、1997年、766頁)
(15)
〔ポイント〕現代語では一語の連体詞とするが、古語では「)」が独立した代名詞として用いられるので、代名詞に格助詞「」がついた連語として扱う。
(大修館書店、古語林、1997年、778頁)

従って、
(13)(14)(15)により、
(16)
③ そ =その人
③ その=そ+の(が)=その人+の(が)
である。
従って、
(16)により、
(17)
現代語の「この」は連体詞として扱いますが、古文では代名詞「こ」に格助詞「」がついたものとして扱います。「あの・」なども同様で、古文と現代文とではこうした違いがあるので注意しましょう(武藤元昭、0からわかる古文、1997年、48頁)。
といふ、ことになる。

従って、
(01)(14)~(17)により、
(18)
「現代文」とは異なり、「古文や漢文」の場合は、「の=+の(が)=その人+の(が)」である。といふことを、知ってゐたならば、hitomi_taylorさんは、
得小人 で
其の小人を得んよりは、となるみたいなのですが。なぜその語順になるのか理解出来なくて
与得小人 ではなぜダメなのでしょうか??教えてください<(_ _)>
といふ「疑問」を持たなかったものと、思はれる。
従って、
(14)(18)により、
(19)
hitomi_taylorさんは、
① 其の=それの(が)
の=その人の(が)
① 其の=そのことの(が)
である。といふことを、「学校」で習はなかったか、習ったとしても、忘れてゐるものと、思はれる。
然るに、
(20)
① 与其得小人寧不若得愚人=
① 徳のないこざかしい小人を得るよりも、むしろ愚かでも徳のある愚人を得る方が良い(教学者、風呂で覚える漢文、1998年、50頁)。
といふのは、飽く迄も、「一般論」である。
従って、
(11)(20)により、
(21)
① 与其得小人寧不若得愚人= 

③ その人が小人を得ることは、(その人が)愚人を得ることに、及ばない。
とは言っても、「一般論」である以上、
① 其=その人
といふのは、
① 其=特定の人
といふことには、ならない
従って、
(07)(21)により、
(22)
① 与其得小人寧不若得愚人=
①(ある人が)小人を得ることは、(その人が)愚人を得ることに、及ばない。
といふ「意味」になる。
平成29年11月02日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「(自然演繹の)仮定の解消」は「理解しやすい」。)
次のページ(「其与 寧不若」は分りにくい(Ⅱ)。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント