中国人による「漢文訓読」。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案
FC2ブログ

中国人による「漢文訓読」。

(01)
② 二(三〔一)〕。
に於いて、
② 二( )⇒( )二
② 三〔 〕⇒〔 〕三
といふ「移動」を行ふと、
② 二(三〔一)〕⇒
② (〔一)二〕三=
② 一 二 三。
といふ「並び換へ(ソート)」が成立する。
(02)
④ 下[二(上〔一)〕]
に於いて、
④ 二( )⇒( )二
④ 上〔 〕⇒〔 〕上
④ 下[ ]⇒[ ]下
といふ「移動」を行ふと、
④ 下[二(上〔一)〕]⇒
④ [(〔一)二〕上]下=
④ 一 二 上 下。
といふ「並び換へ(ソート)」が成立する。
然るに、
(03)
①  〔 ( )〕
③  [ 〔 ( )〕]
ではないが故に、
② 二(三〔一)〕
④ 下[二(上〔一)〕]
に於ける、
②  (  
④  [ ( 〔 )〕]
といふ「それ」は、両方とも、「括弧」ではない
従って、
(01)(02)(03)により、
(04)
「括弧」は、例へば、
② 二  一
④ 下 二  一
といふ「順番」を、すなはち、
②   2  1
④ 4 2  1
といふ「順番」を、
② 1 2 3
④ 1 2 3 4
といふ「順番」に、「並び換へ(ソートす)る」ことが、出来ない。
然るに、
(05)
「返り点」とは、
「縦書き」であれば、「下から上へ返る、点」であって、
「横書き」であれば、「からへ返る、点」である。
然るに、
(06)
② 二 三 一
であれば、
② 二→三
に於いて、
②「からへ」ではなく、
②「左から右へ」返ってゐる。
従って、
(05)(06)により、
(07)
① 三 二 一
に対して、
② 二 三 一
は、「返り点」ではない。
然るに、
(08)
(3)上中下点(上・下、上・中・下)
レ点・一二点だけで示しきれない場合。必ず一二点をまたいで返る場合に用いる(数学の式における( )が一二点で、{ }が上中下点に相当するものと考えるとわかりやすい)。
(原田種成、私の漢文講義、1995年、43頁)
従って、
(08)により、
(09)
 二 一 
に対して、
④ 下  上 
は、「返り点」ではない
従って、
(04)(07)(09)により、
(10)
「返り点」と「括弧」は、例へば、
② 二 三 一
④ 下 二 上 一
といふ「順番」を、すなはち、
②   2  1
④ 4 2  1
といふ「順番」を、
② 1 2 3
④ 1 2 3 4
といふ「順番」に、「並び換へ(ソートす)る」ことが、出来ない
従って、
(10)により、
(11)
① 三 二 一
③ 下 二 一 上
といふ「返り点」に対して、
② 二 三 一
④ 下 二 上 一
といふ「それ」は、「返り点」ではなく、言はば、「返り点モドキ」である。
然るに、
(12)

従って、
(11)(12)により、
(13)
① 躬耕於南陽一 =躬ら南陽に耕す
② 躬於南陽=在南陽親自耕田種地(Zài nányáng qīnzì gēng tián zhòng dì)。
に於いて、
①   二 一 は、「返り点」   であって、
② 二 三 一 は、「返り点モドキ」である。
(14)

従って、
(11)(14)により、
(15)
④ 只‐管要=ひたすら我がやっかいになる(唐話纂要)。
に於ける、
④ 下 二 上 一 は、「返り点モドキ」である。
従って、
(13)(15)により、
(16)
① 躬耕於南陽。
といふ「漢文」を、「返り点」を用ゐて、
② 在南陽親自耕田種地(Zài nányáng qīnzì gēng tián zhòng dì)。
といふ風に、「(中国語で)訓読」することは、出来ないし、
④ 只管要纏擾我。
といふ「白話」を、「返り点」を用ゐて、
③ ひたすら我がやっかいになる。
といふ風に、「(日本語で)訓読」することも、出来ない
平成29年11月23日、毛利太。
少し大きい文字
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「述語論理訓読」。)
次のページ(「PならばPでない。従って、Pでない。」は「サプライズ」ではない。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント