「返り点」に対する「括弧」の用法(β)。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案
FC2ブログ

「返り点」に対する「括弧」の用法(β)。

(01)
① 3{2(1)}。
に於いて、
① 2( )⇒( )2
① 3{ }⇒{ }3
といふ「移動」を行ふと、
① 3{2(1)}⇒
① {(1)2}3=
①     1<2<3。
である。
(02)
② 2(3{1)}。
に於いて、
② 2( )⇒( )2
② 3{ }⇒{ }3
といふ「移動」を行ふと、
② 2(3{1)}⇒
② ({1)2}3=
②     1<2<3。
である。
然るに、
(03)
① {( )}
は、「括弧」であるが、
② ( 
は、「括弧」であるとは、言へない
従って、
(01)(02)(03)により、
(04)
① 3>2>1。
② 2<>1。
に於いて、
① であれば、「括弧」を用ゐて、「1<2<3。」といふ「順番」に、「並び替へ(ソートす)る」ことが出来る。
② の場合は、「括弧」を用ゐて、「1<2<3。」といふ「順番」に、「並び替へ(ソートす)る」ことが出来ない
然るに、
(05)
① 3{2(1)}=
① 不{読(文)}。
に於いて、
① 三=不
① 二=読
① 一=文
であるならば、「返り点」は、「横書き」であれば、
① 不
である。
(06)
② 2(3{1)}=
② 読(不{文)}。
に於いて、
② 二=読
② 三=不
② 一=文
であるならば、「返り点」は、「横書き」であれば、
② 読
である。
然るに、
(07)
「返り点」とは、「縦文き」であれば、「から上へ、返る点」であるため、
「返り点」とは、「横文き」であれば、「から左へ、返る点」である。
然るに、
(08)
① 不
ではなく、
② 読
であれば、
② 二 → 三
に於いて、「右から左へ」ではなく、「
から右へ、返ってゐる」。
従って、
(03)(07)(08)により、
(09)
① 不{読(文)}。
① 不
であれば、「括弧」であって、「返り点」であるが、
② 読(不}。
② 読
であれば、「括弧」ではなく、「返り点」でもない
然るに、
(10)
読文=否定+動詞+補語。
といふ「語順」に対して、固より、
② 読文=動詞+否定+補語。
といふ「語順」は、「漢文」では、有り得ない
従って、
(09)(10)により、
(11)
{読(文)}。

読文=否定+動詞+補語。
であれば、「括弧」であって、「返り点」であって、「漢文」であるが、
② 読({文)}。
② 読
② 読文=動詞+否定+補語。
であれば、「括弧」ではなく、「返り点」でもなく、固より、「漢文」ではない
然るに、
(12)

従って、
(11)(12)により、
(13)
例へば、
③ 西門慶 促‐忙 促‐急 儧‐造 不出床来=
③ 西門慶 促‐忙 促‐急 儧‐2(5[3〔1)〕4]=
③ 西門慶 促‐忙 促‐急 儧造 不
であれば、「括弧」ではなく、「返り点」でもなく、固より、「漢文」ではなく、「中国語(白話文)」である。
然るに、
(14)

従って、
(11)(14)により、
(15)
④ 使籍誠不以畜子憂寒乱心有財以済薬=
④ D{籍誠8〔5〔2(1)4(3)〕7(6)〕A(9)以C(B)}=
④ 使 籍誠不 子 憂一レ 寒 乱上レ 心 有 財 以済甲レ 薬=
④ 使 籍誠不 以済
であれば、「括弧」であって、「返り点」であって、「漢文」である。
cf.
「D 8 5 2 1 4 3 7 6 A 9 C B」は、「13個の、一桁の、16進数」。
然るに、
(16)

従って、
(11)(16)により、
(17)
⑤ 是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極=
⑤ 是以、大学始教、必C〈学者2(凡天下之1)、B{A[4(其已知之3)、而益6(5)、以9〔8(乎其7)〕]}〉=
⑤ 是以、大学始教、必使学者即凡天下之物、莫上レ其已知之理、而益々極之、以求上レ乎其極= 

⑤ 是以、大学始教、必使学者即凡天下之物、莫其已知之理、而益々極、以求乎其極
であれば、「括弧」であって、「返り点」であって、「漢文」である。
然るに、
(18)
① 3{2(1)}=
① 不{読(文)}。
に於いて、
① 三=不
① 二=読
① 一=文
であれば、
① レ=不
① レ=読
①  =文
であるため、「レ点」による「返り点」は、「横書き」であれば、
① 不文。
である。
従って、
(14)~(18)により、
(19)
① レ レ
④ 乙 下 二 レ 一レ 上レ レ 甲レ
⑤ 下 二 一 上レ 下 二 一 レ 上レ 二 一
といふ「レ点を含む、返り点」は、
① 三 二 一
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
⑤ 乙 二 一 戊 丁 二 一 二 一 丙 乙 甲
といふ「レ点を含まない、返り点」に、「置き換へ」ることが出来、
① 三 二 一
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
⑤ 乙 二 一 戊 丁 二 一 二 一 丙 乙 甲
といふ「レ点を含まない、返り点」は、
① 三〔二(一)〕
④ 人{丙[下〔二(一)中(上)〕乙(甲)]二(一)地(天)}}
⑤ 乙〈二(一)戊{丁[二(一)二(一)丙〔乙(甲)〕]}〉
に於ける、
①  〔 ( )〕
④  { [ 〔 ( ) ( )〕 ( )] ( ) ( )}}
⑤  〈 ( ) { [ ( ) ( ) 〔 ( )〕]}〉
といふ「括弧」に、「置き換へ」ることが出来る。
然るに、
(20)
例へば、
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
といふ「順番」を、
④ E 8 5 2 1 4 3 7 6 B A D C
といふ「16進数」に、「置き換へ」ると、
例へば、
④     5 2 1 4 3
に於いて、
④     5     4
の間に、
④     5より大きい数は無く
④   8 5 2 1 4 3 7
に於いて、
④     8           7
の間に、
④     8より大きい数は無く
④ E 8 5 2 1 4 3 7 6 B A D
に於いて、
④ E                     D
の間に、
④ Eよりも大きい数は無い
然るに、
(21)
④     5 2 1 4 3
ではなく、
⑥     5 2  1 4 3
であるならば、
⑥     5       4
の間に、
⑥     5<    >4
である所の、
⑥         が有る。
然るに、
(22)
④     5 2 1 4 3
であれば、
④     5〔2(1)4(3)〕
であるのに対して、
⑥     5 2  1 4 3
であれば、
⑥     5〔2([1)4(3)〕]
である。
然るに、
(23)
④      〔 ( ) ( )〕
は、「括弧」であるが、
⑥      〔 ( [ ) ( )〕]
は、「括弧」ではない。
加へて、
(24)
④     5〔2(1)4(3)〕
④     下〔二(一)中(上)〕
に対して、
⑥     5〔2(6[1)4(3)〕]
⑥     丙〔二(丁[一)乙(甲)〕]
である。
然るに、
(07)により、
(25)
もう一度、確認すると、
⑥     丙 二 丁 一 乙 甲
であれば、
⑥     丙 → 丁
に於いて、「右から左へ」ではなく、「から右へ、返ってゐる」が故に、
⑥     丙 二 丁 一 乙 甲
は、「返り点」ではない
従って、
(20)~(27)により、
(26)
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
といふ「順番」、すなはち、
④ E 8 5 2 1 4 3 7 6 B A D C
といふ「順番」は、
⑥     5<  >4
のやうな「順番」を「含んでゐない」が故に、
④ 人{丙[下〔二(一)中(上)〕乙(甲)]二(一)地(天)}}
に於ける、
④ 人 丙 下 二 一 中 上  乙 甲  二 一 地 天
は、「返り点」であって、
④ 人{丙[下〔二(一)中(上)〕乙(甲)]二(一)地(天)}}
に於ける、
④  { [ 〔 ( ) ( )〕 ( )] ( ) ( )}}
は、「括弧」である。
然るに、
(27)
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
であるならば、
(Ⅰ)一・二点
(Ⅱ)上・下点
(Ⅲ)甲・乙点
(Ⅳ)天・地点
に於いて、
(Ⅰ)を挟んで返る際に、
(Ⅱ)を用ゐ、
(Ⅱ)を挟んで返る際に、
(Ⅲ)を用ゐ、
(Ⅲ)を挟んで返る際に、
(Ⅳ)を用ゐる。
といふ、ことになる。
然るに、
(24)(26)により、
(28)
⑥     丙 二 丁 一 乙 甲
であるならば、
⑥       二 丙 一
であるため、
(Ⅲ)を挟んで返る際に、
(Ⅳ)ではなく
(Ⅰ)を用ゐる。ことになる。
従って、
(24)~(28)により、
(29)
⑥     丙 二 丁 一 乙 甲
であれば、
⑥     丙 → 丁
に於いて、「右から左へ」ではなく、「から右へ、返ってゐる」が故に、
⑥     丙 二 丁 一 乙 甲
は、「返り点」ではなく、
⑥       二 丁 一
であれば、
(Ⅲ)を挟んで返る際に、
(Ⅳ)ではなく
(Ⅰ)を用ゐる。ことになるが故に、
⑥     丙 二 丁 一 乙 甲
は、「返り点」ではなく、
⑥     丙〔二(丁[一)乙(甲)〕]
に於いて、
⑥      〔 ( [ ) ( )〕]
は、「括弧」ではない。
従って、
(08)(19)(26)(29)により、
(30)
④ 乙 下 二 レ 一レ 上レ レ 甲レ
といふ「レ点を含む、返り点」は、
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
といふ「レ点を含まない、返り点」に、「置き換へ」ることが出来、
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
といふ「レ点を含まない、返り点」は、
④  { [ 〔 ( )( ) 〕( ) ]( )( ) } }
といふ「括弧」に、「置き換へ」ることが出来、尚且つ、その場合に限って
④ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
といふ「返り点」の中には、
② 二 → 三
⑥ 丙 → 丁
のやうな、「から右へ、返る順番」は、「含まれない」。
といふ、ことになる。
然るに、
(31)
例へば、
① -1×(2)+3+4=+5
② -1×(2+3)+4=-1
③ -1×(2+3+4)=-9
である。
従って、
(31)により、
(32)
括弧」が見えてゐなくとも、
① -1×2+3+4=+5
② -1×2+3+4=-1
③ -1×2+3+4=-9
であるならば、それだけで、
① -1×(2)+3+4=+5
② -1×(2+3)+4=-1
③ -1×(2+3+4)=-9
でなければ、ならない。
従って、
(31)(32)により、
(33)
④ -1×2+3+4=囗
に於いて、
④          囗
の「値」が定まれば、
① -1×(2)+3+4=+5
② -1×(2+3)+4=-1
③ -1×(2+3+4)=-9
の内の、「どれか一つ」に、「確定」する。
然るに、
(34)
⑤ 囗=是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極。
の場合も、
⑤ 囗
といふ「意味」が、「判明」するならば、例へば、
⑤ 是以、大学始教、必使〈学者即(凡天下之物)莫{不[因(其已知之理)而益極(之)以求〔至(乎其極)〕]}〉。
といふ風に、「括弧」が、「確定」する。
然るに、
(35)
⑤ 是以、大学始教、必使〈学者即(凡天下之物)莫{不[因(其已知之理)而益極(之)以求〔至(乎其極)〕]}〉。
に於ける、
⑤           〈   (     ) { [ (     )   ( )  〔 (   )〕]}〉
といふ「括弧」が、
⑤ 是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極。
といふ「漢文」の、「補足構造」を表してゐる。といふ風に、「仮定」する。
然るに、
(36)
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。すなわち、その補足構造における語順は、国語とは全く反対である。しかし、訓読は、国語の語順に置きかえて読むことが、その大きな原則となっている。それでその補足構造によっている文も、返り点によって、国語としての語順が示されている(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、296頁)。
然るに、
(37)
⑤ 是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極=
⑤ 是以、大学始教、必使〈学者即(凡天下之物)莫{不[因(其已知之理)而益極(之)以求〔至(乎其極)〕]}〉。
に於いて、
⑤ 使〈 〉⇒〈 〉使
⑤ 即( )⇒( )即
⑤ 莫{ }⇒{ }莫
⑤ 不[ ]⇒[ ]不
⑤ 因( )⇒( )因
⑤ 極( )⇒( )極
⑤ 求[ ]⇒[ ]求
⑤ 至( )⇒( )至
といふ「移動」を行ふと、(16)でも示した通り、
⑤ 是以、大学始教、必使〈学者即(凡天下之物)、莫{不[因(其已知之理)、而益極(之)、以求〔至(乎其極)〕]}〉⇒
⑤ 是以、大学始教、必〈学者(凡天下之物)即、{[(其已知之理)因、而益(之)極、以〔(乎其極)至〕求]不}莫〉使=
⑤ 是を以て、大学の始教は、必ず〈学者をして(凡そ天下の物に)即きて、{[(其の已に知るの理に)因って、益々(之を)極め、以て〔(其の極に)至るを〕求め]不るを}莫から〉使む=
⑤ そのため、大学の教へを始める際には、必ず〈学者をして(凡そ天下の物に)ついて、{[(その学者がすでに知っているの理に)依って、益々(これを)極め、以て〔(その極点に)至ることを〕求め]ないことが}無いやうに〉させる。
従って、
(35)(36)(37)により、
(38)
⑤ 是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極=
⑤ 是以、大学始教、必使〈学者即(凡天下之物)莫{不[因(其已知之理)而益極(之)以求〔至(乎其極)〕]}〉。
といふ「漢文」を、
⑤ 是を以て、大学の始教は、必ず〈学者をして(凡そ天下の物に)即きて、{[(其の已に知るの理に)因って、益々(之を)極め、以て〔(其の極に)至るを〕求め]不るを}莫から〉使む。
といふ風に、「訓読」するといふことは、
⑤ 是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極=
⑤ 是以、大学始教、必使〈学者即(凡天下之物)莫{不[因(其已知之理)而益極(之)以求〔至(乎其極)〕]}〉。
といふ「漢文」の、
⑤           〈   (     ) { [ (     )   ( )  〔 (   )〕]}〉
といふ「補足構造」に従って、「読んでゐる」といふ、ことになる。
然るに、
(39)
中国語の文章は文言と白話に大別されるが、漢文とは文章語の文言のことであり、白話文や日本語化された漢字文などは漢文とは呼ばない。通常、日本における漢文とは、訓読という法則ある方法で日本語に訳して読む場合のことを指し、訓読で適用し得る文言のみを対象とする。もし強いて白話文を訓読するとたいへん奇妙な日本語になるため、白話文はその対象にならない(ウィキペディア)。
然るに、
(40)
もし強いて白話文(中国語)を訓読するとたいへん奇妙な日本語といふことは、「漢文」と「中国語(白話文)」とは、「全く異なる言語」である。といふことに、他ならない。
然るに、
(41)
江戸時代には、荻生徂来(おぎゅう・そらい、1666-1728)が、漢文訓読法を排斥して、漢詩文は唐音(中国語音)で音読すべきだと主張しました。荻生徂来は、長崎通詞であった岡島冠山(おかじま・かんざん、1674-1728)から唐話(とうわ=中国語)を学んでいました。漢詩文を唐音で読むという徂来の主張は強固なもので、彼の古文辞学(擬古的な漢文)とともに一世を風靡する大流行となりました。ただし、当時のいわゆる唐音というのは、中国南方の方言音で、現在の北京語を基礎とした普通話(pŭ tōng huà)とはかなり違うものでした。当時、わが国は清国と正式の国交はなく、貿易は長崎において清国商人に信牌(貿易許可証)を与え、私貿易という形で許可していました。そのため、長崎で用いられる中国語も、清国商人が用いる南方方言だったのです(Webサイト:日本漢文の世界)。
従って、
(40)(41)により、
(42)
⑤ 是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極。
といふ「漢文」を、「現在の北京語を基礎とした普通話(pŭ tōng huà)とはかなり違うものであった、荻生徂徠の当時の中国南方の方言」に訳した場合に、並びに、「現在の北京語を基礎とした普通話(pŭ tōng huà)」に訳した場合に、
⑤ 是以大学始教必使学者即凡天下之物莫不因其已知之理而益極之以求至乎其極=
⑤ 是以、大学始教、必使〈学者即(凡天下之物)莫{不[因(其已知之理)而益極(之)以求〔至(乎其極)〕]}〉。
といふ「漢文」の、
⑤           〈   (     ) { [ (     )   ( )  〔 (   )〕]}〉
といふ「補足構造」に従って、「読んでゐる」といふ、ことには、ならないはずである。
然るに、
(43)
「支那の言語や文字を研究するのに、漢文と支那語の様な区別を設けてゐるのは、世界中、日本だけで、支那はもとより、ヨーロッパやアメリカで支那学を研究するにも、そんな意味のない区別など夢にも考へてゐない。西洋人が支那のことを研究するには、何よりも先き、支那の現代の言葉を学び、現代人の書く文章を読み、それから次第に順序を追うて、古い言葉で書いた書物を読んで、支那民族の文化の深淵を理解する。アメリカの大学で支那のことを研究する学生は、最初の年に現代語学現代文学を学び、次の年に歴史の書物を読み経書を習ふさうである(勉誠出版、「訓読」論、2008年、57頁)。
(44)
大学(京都帝国大学)に入った二年め(昭和5年)の秋、倉石武四郎先生が中国の留学から帰られ、授業を開始されたことは、私だけではなく、当時の在学生に一大衝撃を与えた。先生は従来の漢文訓読を全くすてて、漢籍を読むのにまず中国語現代の発音に従って音読し、それをただちに口語に訳することにすると宣言されたのである。この説はすぐさま教室で実行された。私どもは魯迅の小説集『吶喊』と江永の『音学弁徴』を教わった。これは破天荒のことであって、教室で中国の現代小説を読むことも、京都大学では最初であり、全国のほかの大学でもまだなかったろうと思われる(『心の履歴』、「小川環樹著作集 第五巻」、筑摩書房、176頁)。
然るに、
(45)
漢文ネイティブはいない『白文攻略 漢文法ひとり学び』
漢文は外国語。この当り前の事実に気づかないことが多い。ラテン語ならば動詞の活用や名詞の格変化を覚えなければならないから、たとえ欧米の高校生でも外国語だと意識する。ところが漢文では変化を暗記する必要がない。しかも日本では伝統的にレ点とか一二点といった符号をつけて読むので、漢文の学習が返り点の読み解き方に終始してしまう。あとはフィーリングで漢字を適当に解釈するものだから、いつまで経ても読めるようにならない(黒田龍之介、寝るまえ5分の外国語、2016年、194頁)。
(46)
まず「学習の前に」では、漢文を読むための基礎知識が紹介されている。はじめに漢文は自然言語を土台にして作り上げられた人口的な書記言語であることを確認する。話すのではなく、読んで書くために作られたのである。ただし音読はできる。だから音調を整えるためには工夫もされる(黒田龍之介、寝るまえ5分の外国語、2016年、194・195頁)。
従って、
(43)~(46)により、
(47)
アメリカの大学で支那のことを研究する学生は、最初の年に現代語学現代文学を学び、次の年に歴史の書物を読み経書を習ふさうである(勉誠出版、「訓読」論、2008年、57頁)。
といふ「見解」は、「漢文は自然言語を土台にして作り上げられた人口的な書記言語」である。といふ「視点」が完全に、欠落してゐる。
(48)
『ニューエクスプレス』シリーズには漢文がない。だから本書にその役割を担ってもらう。― 中略 ―、(『ニューエクスプレス』シリーズとの)違いは付属CDがないことくらいだが、漢文にはネイティブはいないのだから、自分で音読すればいいではないか(黒田龍之介、寝るまえ5分の外国語、2016年、195頁改)。
然るに、
(49)
私の場合は、例へば、
センセイフツチカキョジン。エキフツショウ、キセイジ。タクヘンイウゴリュジュ。インイゴウエン。カンセイショウゲン、フツボエイリ、コウドクショ、フツキウジンカイ。
といふ風に、「暗誦」出来る。
(50)
ただし、

といふ「それ」の、
先生不知何許人。亦不詳其姓字。宅辺有五柳樹。因以為号焉。閑靖少言、不慕営利。好読書、不求甚解。
といふ「白文」を、
センセイフツチカキョジン。エキフツショウ、キセイジ。タクヘンイウゴリュジュ。インイゴウエン。カンセイショウゲン、フツボエイリ、コウドクショ、フツキウジンカイ。
といふ風に、「音読」して、「覚えた」のではなく、
先生は何許の人なるかを知ら不。亦其の姓字を詳びらかにせ不。宅辺に五柳樹有り。因りて以て号となす(焉)。閑靖にして言少なく、営利を慕は不。書を読むを好めども、甚だしくは解せんことを求め不。
といふ「訓読」を、
センセイフツチカキョジン。エキフツショウ、キセイジ。タクヘンイウゴリュジュ。インイゴウエン。カンセイショウゲン、フツボエイリ、コウドクショ、フツキウジンカイ。
といふ風に、「音読」してゐて、それを「覚えた」といふ、事情が有る。
然るに、
(51)
はじめに ― 復文の過去と現在 ―
復文は、書き下し文から漢文の原文を復元する学習法です。漢文に熟達するための捷径つまり早道として、江戸時代は元禄元年(1688)ごろから少なくとも戦前すなわち昭和二十年(1945)まで、ざっと二百六十年間にわたって活用されていた学習法です。― 中略 ―、けれども、復文をいう学習法は、戦後(1945‐)漢文教育が衰退してゆくとともに、その著しい有効性にもかかわらず、水準の高すぎる学習法として学校教育の現場で禁止され、しだいに消え失せてしまったのです(古田島洋介、これならわかる復文の要領、2017年、3頁改)。
従って、
(50)(51)により、
(52)
先生は何許の人なるかを知ら不。亦其の姓字を詳びらかにせ不。宅辺に五柳樹有り。因りて以て号となす(焉)。閑靖にして言少なく、営利を慕は不。書を読むを好めども、甚だしくは解せんことを求め不。
といふ「訓読」を、「口頭」で、「日本漢字音(漢音・呉音・慣用音・唐宋音のゴチャマゼ)」で、「復文」をしてゐる間に、
先生不知何許人。亦不詳其姓字。宅辺有五柳樹。因以為号焉。閑靖少言、不慕営利。好読書、不求甚解。
といふ、「原文」を、「暗記」した。といふことになる。
平成29年12月11日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「返り点」と「括弧」の条件。)
次のページ(「述語論理訓読」。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント