「白文」に「括弧」を付けるアルゴリズム。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案

「白文」に「括弧」を付けるアルゴリズム。

 (01)
「昔やったことがあるプログラミングを、今の環境で、もう一度やってみようかな。」と思ったのは、次のやうな「プログラム」であれば、「私にも、簡単に書ける」と思ったからである。
(02)
① 人有喜与不如己者為友之心。
② 人己に如かざる者と友為るを喜ぶの心有り。
に於いて、
① は、「原文(白文)」であって、
② は、「書き下し文」である。
然るに、
(03)
実際には、「助動詞」や「助詞」も、漢字で書いて、
① 人有喜与不如己者為友之心。        
② 人己に如かる者友為るを喜ぶ之有り。 
といふ風に、「入力」する。
(04)
① 人有喜与不如己者為友之心。
② 人己に如か不る者与友為るを喜ぶ之心有り。
から「平仮名」を除いて、
① 人有喜与不如己者為友之心。
② 人己如不者与友為喜之心有。
とする。
(05)
123456789ABCDEF
は、15個の、一桁の16進数であるとする。
従って、
(05)により、
(06)
1<2<3<4<5<6<7<8<9<A<B<C<D<E<F
である。
(07)
有喜与不如己者為友之心。
己如不者与友為喜之心有。
に於いて、
① の 人 が、
② の 番目に有るならば、
③ 1
とする。
(08)
① 人喜与不如己者為友之心。
② 人己如不者与友為喜之心
に於いて、
① の 有 が、
② の C番目に有るならば、
③ 1C
とする。
(09)
① 人有与不如己者為友之心。
② 人己如不者与友為之心有。
に於いて、
① の 喜 が、
② の 9番目に有るならば、
③ 1C9
とする。
(10)
① 人有喜不如己者為友之心。
② 人己如不者友為喜之心有。
に於いて、
① の 与 が、
② の 6番目に有るならば、
③ 1C96
とする。
(11)
① 人有喜与如己者為友之心。
② 人己如者与友為喜之心有。
に於いて、
① の 不 が、
② の 4番目に有るならば、
③ 1C964
とする。
(12)
① 人有喜与不己者為友之心。
② 人己不者与友為喜之心有。
に於いて、
① の 如 が、
② の 3番目に有るならば、
③ 1C9643
とする。
(13)
① 人有喜与不如者為友之心。
② 人如不者与友為喜之心有。
に於いて、
① の 己 が、
② の 2番目に有るならば、
③ 1C96432
とする。
(14)
① 人有喜与不如己為友之心。
② 人己如不与友為喜之心有。
に於いて、
① の 者 が、
② の 5番目に有るならば、
③ 1C964325
とする。
(15)
① 人有喜与不如己者友之心。
② 人己如不者与友喜之心有。
に於いて、
① の 為 が、
② の 8番目に有るならば、
③ 1C9643258
とする。
(16)
① 人有喜与不如己者為之心。
② 人己如不者与為喜之心有。
に於いて、
① の 友 が、
② の 7番目に有るならば、
③ 1C96432587
(17)
① 人有喜与不如己者為友心。
② 人己如不者与友為喜心有。
に於いて、
① の 之 が、
② の A番目に有るならば、
③ 1C96432587A
とする。
(18)
① 人有喜与不如己者為友之
② 人己如不者与友為喜之有。
に於いて、
① の 心 が、
② の B番目に有るならば、
③ 1C96432587AB
とする。
然るに、
(19)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③ 1 の右側に、1よりも「小さい数」は無い。
(20)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③  C の右側で、Cよりも「小さい数」を( )で括って、
③ 1C(96432587AB) とする。
(21)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③   9 の右側で、9よりも「小さい数」を( )で括って、
③ 1C〔9(6432587)AB〕 とする。
(22)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③    6 の右側で、6よりも「小さい数」を( )で括って、
③ 1C[9〔6(4325)87〕AB] とする。
(23)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③     4 の右側で、4よりも「小さい数」を( )で括って、
③ 1C{9[6〔4(32)5〕87]AB} とする。
(24)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③      3 の右側で、3よりも「小さい数」を( )で括って、
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]87}AB〉 とする。
(25)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③       2 の右側に、2よりも「小さい数」は無い。
(26)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③        5 の右側に、5よりも「小さい数」は無い。
(27)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③         8 の右側で、8よりも「小さい数」を( )で括って、
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉 とする。
(28)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③          7 の右側に、7よりも「小さい数」は無い。
(29)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③           A の右側に、Aよりも「小さい数」は無い。
(30)
③ 1C96432587AB
に於いて、
③            B の右側に、「数」は無い。
従って、
(01)~(30)により、
(31)
① 人有喜与不如己者為友之心。
② 人己に如かざる者と友為るを喜ぶの心有り。
といふ、「白文」と「書き下し文」から、
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉。
といふ「括弧」を、得ることが、出来る。
従って、
(32)
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉。
に合はせて、
④ 人有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}之心〉。
といふ「括弧」を、得ることが、出来る。
然るに、
(33)
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉。
に於いて、
③ C〈 〉⇒〈 〉C
③ 9{ }⇒{ }9
③ 6[ ]⇒[ ]6
③ 4〔 〕⇒〔 〕4
③ 3( )⇒( )3
③ 8( )⇒( )8
といふ「移動」を行ふと、
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉⇒
③ 1〈{[〔(2)3〕45]6(7)8}9AB〉C=
③ 1<2<3<4<5<6<7<8<9<A<B<C。
といふ「並び替へ(ソート)」が成立する。
従って、
(32)(33)により、
(34)
④ 人有〈喜{与[不〔如(己)〕者]為(友)}之心〉=
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉。
に於いて、
③ C〈 〉⇒〈 〉C
③ 9{ }⇒{ }9
③ 6[ ]⇒[ ]6
③ 4〔 〕⇒〔 〕4
③ 3( )⇒( )3
③ 8( )⇒( )8
といふ「移動」を行ふと、
③ 1C〈9{6[4〔3(2)〕5]8(7)}AB〉⇒
③ 1〈{[〔(2)3〕45]6(7)8}9AB〉C=
④ 人〈{[〔(己)如〕不者]与(友)為}喜之心〉有=
④ 人に〈{[〔(己に)如か〕不る者]与(友と)為るを}喜ぶ之心〉有り=
④ 人に、己に如かざる者と、友となるを、喜ぶの心有り。
といふ「漢文訓読」が、成立する。
(35)
例へば、「同じ漢字が、複数個ある場合は、どうするのか。」といった具合に、「不都合」が生じる事があれば、その都度、プログラムを、改良する。
平成30年01月10日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(PCで「白文」に「括弧(返り点)」を付けたい。)
次のページ(「括弧」の付け方。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント