『象は鼻が長い。』といふ「日本語」に「主語」は有ります。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案
FC2ブログ

『象は鼻が長い。』といふ「日本語」に「主語」は有ります。

(01)
① 象は動物である。
従って、
(01)により、
(02)
② はな子が象ならば、はな子は動物である。
従って、
(02)により、
(03)
③ xが象ならば、xは動物である。
然るに、
(04)
③ xが象ならば、xは動物である。
といふことに関して、「例外」は無い。
従って、
(03)(04)により、
(05)
④「全てのx」について、xが象ならば、xは動物である。
然るに、
(06)
⑤ ∀x(象x→動物x).
といふ「論理式」は、
④ 全てのxについて、xが象ならば、xは動物である。
といふ、「意味」である。
従って、
(01)~(06)により、
(07)
① 象は動物である。
といふ「日本語」は、
⑤ ∀x(象x→動物x)=全てのxについて、xが象ならば、xは動物である。
といふ「述語論理」に、「翻訳」される。
然るに、
(08)
AとBは、「命題関数」であって、
A=象x(xは象である)。
B=動物y(yは動物である)。
とする。
然るに、
(09)
(a)
1  (1) A→ B 仮定
 2 (2)   ~B 仮定
  3(3) A    仮定
12 (4)    B 13前件肯定
123(5) B&~B 42&導入
12 (6)~A    35背理法
1  (7)~B→~A 26条件法
(b)
1  (1)~B→~A 仮定
 2 (2)    A 仮定
  3(3)~B    仮定
12 (4)   ~A 13前件肯定
123(5)~A& A 42&導入
12 (6) B    35背理法
1  (7) A→ B 26条件法
従って、
(09)により、
(10)
① AならばBである。
② BでないならばAでない。
といふ「対偶(Contraposition)」に於いて、
①=② である。
従って、
(08)(09)(10)により、
(11)
① 任意のxについて、xが象であるならば、xは動物である。
② 任意のxについて、xが動物でないならば、xは象でない
に於いて。
①=② である。
従って、
(07)(11)により、
(12)
① 象ならば動物である。
② 動物でないならば象でない。
に於いて、
①=② である。
然るに、
(13)
① 象ならば動物である。
② 動物でないならば象でない
といふことは、
① 象は動物である。
② 動物以外は象でない
といふことに、他ならない。
従って、
(13)により、
(14)
① 象は動物である。
② 動物以外は象でない。
に於いて、
①=② である。
従って、
(14)により、
(15)
① 象は動物である。
② 動物以外は象でない。
に於いて、
①=② である。が故に、
③ 動物は象である。
④ 象以外は動物でない。
に於いても、
③=④ である。
然るに、
(16)
{象、蜜柑、炬燵}であれば、
{象}が動物であって、
{蜜柑、炬燵}は動物ではない。
然るに、
(17)
{象、麒麟、河馬}であれば、
{象}が動物である。とは、言へない。
従って、
(16)(17)により、
(18)
② 象が動物である。
④ 象以外は動物ではない。
に於いて、
②=④ である。
従って、
(15)(18)により、
(19)
② 象が動物である。
③ 動物は象である。
④ 象以外は動物ではない。
に於いて、
②=③=④ である。
然るに、
(20)
② 象が動物である。
① 象は動物ない。
に於いて、
② と ① は、「矛盾」する。
従って、
(20)により、
(21)
② 象が動物である。
① 象は動物である。
に於いて、
② ならば、① である。
従って、
(19)(21)により、
(22)
② 象が動物である=
② 象は動物であり(象以外は動物ではない)。
といふ、「意味」になる。
従って、
(22)により、
(23)
{象、蜜柑、炬燵}に於いて、
② 象が動物である=
② 象は動物であり(象以外は動物ではない)。
といふ、「意味」になる。
然るに、
(24)
{象、蜜柑、炬燵}ではなく、
{象、麒麟、河馬}であれば、
① 象は動物である。
としても、
② 象が動物である=
② 象は動物であり(象以外は動物ではない)。
とは、言へない。
従って、
(23)(24)により、
(25)
① 象は動物である。であるからと言って、
③ 動物は象である。とは、限らない。
従って、
(19)(25)により、
(26)
① 象は動物である。
② 象動物である。
③ 動物は象である。
④ 象以外は動物ではない
に於いて、必ずしも、
①=② ではないが、必ず
  ②=③=④ である。
従って、
(27)
一般に、
① AはBである。
② AがBである。
③ BはAである。
④ A以外はBでない。
に於いて、必ずしも、
①=② ではないが、必ず、
  ②=③=④ である。
然るに、
(28)
α:誰が行くのか。
β:私は行きます。
に対して、
γ:私も行きます。
といふのであれば、
βとγが行く。ことなる。
然るに、
(29)
α:誰が行くのか。
β:私は行きます。
に対して、
γ:私行きます。
といふのであれば、
行くのは、γだけである。
従って、
(28)(29)により、
(30)
α:誰が行くのか。
γ:私が行きます。
といふのであれば、
行くのは、γだけである。
といふことからも、
① AはBである。
② ABである。
③ BはAである。
④ A以外はBでない
に於いて、必ずしも、
①=② ではないが、必ず
  ②=③=④ である。
といふことは、「疑ふ余地」が無い。
従って、
(30)により、
(31)
② 象がゐる。
といふのであれば、
②(今、私の目の前に、) 象はゐるが(象以外はゐない)。
といふ風に、「理解」することになる。
従って、
(31)により、
(32)
②(今、見てゐる図鑑の中では、)象が鼻は長い。
といふのであれば、
②{象、麒麟、河馬、獅子、大猩猩}等を「比較」する限り、
④ 象の鼻は長く、象以外の鼻は長くない。
といふ「意味」になる。
従って、
(32)により、
(33)
① 象は鼻は長い。
といふのであれば、
①{象}と{象の鼻}だけを見て(思って)、
① 象の鼻は長い。
といふ風に、述べてゐる(思ってゐる)。
従って、
(33)により、
(34)
① 象は鼻は長い。
といふのであれば、
①{象}  以外については、何も述べてゐないし、
①{象の鼻}以外についても、何も述べてはゐない。
従って、
(34)により、
(35)
① 象は鼻は長い。
といふのであれば、
① 象の鼻は長い。としても、象の体の、他の部分が、長いかどうかは、分からない。
然るに、
(36)
① 象の鼻は長い。としても、象の体の、他の部分が、長いかどうかは、分からない。
といふ「日本語」は、
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}=全てのxについて、xが象ならば、あるyはxの鼻であって、yは長い。
といふ風に、訳すことになる。
従って、
(35)(36)により、
(37)
① 象は鼻は長い。
といふ「日本語」は、
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}=全てのxについて、xが象ならば、あるyはxの鼻であって、yは長い。
といふ風に、訳すことになる。
然るに、
(27)により、
(38)
② 象は鼻が長い。
といふのであれば、
①{象}  以外については、何も述べてはゐないものの、
②{象の鼻}以外については、特には長くない。といふ風に、述べてゐる。
cf.
従って、毛長マンモスは、象ではないし、象の牙も、鼻に比べれば、特別に長いわけではない。
然るに、
(39)
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}=全てのxについて、xが象ならば、あるyはxの鼻であって、yは長く、尚且つ、
② ∀x{象x→∀z(鼻以外zx→~長z)}=全てのxについて、xが象ならば、全てのzについて、zがxの鼻以外の部分ならば、zは長くない。
とするならば、
② 象の鼻は長く、象の体の中の、鼻以外は長くない。
といふ「意味」になる。
従って、
(38)(39)により、
(40)
② 象は鼻が長い。
といふ「日本語」は、
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}&
② ∀x{象x→∃z(鼻以外zx&~長z)}
といふ「述語論理(連言)」に、相当する。
従って、
(40)により、
(41)
② 象は鼻が長い。
といふ「日本語」は、
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}=全てのxについて、xが象ならば、あるyはxの鼻であって、yは長い。
といふ「意味」を、含んでゐる。
然るに、
(42)
 SはPである。
という一般的な 主語-述語文は、
 Fx Gx
という二つの文で構成されていると考える。そしてこの場合、F はもとの文の主語に対応し、G述語に対応していることがわかる。
(沢田允茂、現代論理学入門、1962年、119頁)
従って、
(41)(42)により、
(43)
①「象x」と「鼻yx」は、
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}=全てのxについて、xが象ならば、あるyはxの鼻であって、yは長い。
といふ「述語論理」の「主語」である。
然るに、
(44)
括弧は、論理演算子のスコープ(scope)を明示する働きを持つ。スコープは、論理演算子の働きが及ぶ範囲のことをいう。
(産業図書、数理言語学辞典、2013年、四七頁:命題論理、今仁生美)
従って、
(44)により、
(45)
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}
に於いて、
①  x は、
①   {象x→∃y(鼻yx&長y)} に、掛ってゐて、
①       ∃y(鼻yx&長y)
に於いて、
①        yは、
①         (鼻yx&長y)  に、掛ってゐる。
従って、
(43)(45)により、
(46)
「述語論理」といふ「観点」からすれば、
② 象は鼻は長い。
といふ「日本語」には、
② 象=x
②   鼻=y
といふ、「二つの主語」が、有って、
② 象 は、
②   鼻は長い。 の「主語」であって、
②   鼻 は、
②     長い。 の「主語」である。
といふ、ことになる。
(47)
Q:鼻が長い動物は何か。
A:象である。
とするならば、
② 象は鼻が長い。
に於いて、
②   鼻が長い。
の「主語」は、
② 象 である。
(48)
Q:象の何が長いのか。
A:鼻である。
とするならば、
② 象は鼻が長い。
に於いて、
②     長い。
の「主語」は、
②   鼻 である。
従って、
(46)(47)(48)により、
(49)
② 象は鼻が長い。
といふ「日本語」の「例文」を基にして、「述語論理」といふ「観点」から、「日本語には、主語が無い。」とすることは、出来ない。
然るに、
(50)
「送ってあげようか。三上章って人が書いた本だ。タイトルがいいよ。『象は鼻が長い』ってんだ。じゃ健闘を祈る」(金谷武洋、主語をころした男、2006年、36頁)。2017/04/03 - 語学に関係する人なら誰でも一回は見聞きしたと思います。 「象は 鼻が 長い」. この文の主語は何か?ということなのです(Webサイト:京都山科中国語学習会)。
従って、
(40)(49)(50)により、
(51)
② 象は鼻が長い=∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}&∀x{象x→∀z(鼻以外zx→~長z)}
といふ「日本語」には、「明らかに、少なくとも、二つの主語(xとy)が」有るにも、かかはらず、三上章先生は、『象は鼻が長い』といふタイトルの、有名な本の中で、『日本語には、主語が無い。』といふ風に、述べてゐる。
然るに、
(52)
マルチネにとっては(あ)が唯一の「主語の条件」であるが、特に英仏語の様子を勘案しながら、さらに3点を加えてみる。
(あ)基本文に不可欠の要素である。
(い)語順的には、ほとんどの場合、文頭に置かれる。
(う)動詞の人称変化(つまり活用)を起こさせる。
(え)一定のカク(主格)を持って現れる。
(金谷武洋、日本語に主語はいらない、2002年、62頁)
然るに、
(53)
(あ)~(え)が、当てはまるのは、英語やフランス語でいふ「主語」に過ぎず、
(あ)と(い)は、ラテン語やギリシャ語の「主語」には、当てはまらない。
従って、
(52)(53)により、
(53)
(あ)~(え)といふ「条件」に当てはまらないが故に、「日本語には、主語が無い。」といふのであれば、ただ単に、「日本語には、英語やフランス語のやうな『主語』が無い。」といふことに、過ぎない。
従って、
(51)(53)により、
(54)
②『象は鼻が長い』=
① ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)}&
② ∀x{象x→∀z(鼻以外zx→~長z)}
といふ「日本語」には、『主語』は有っても、「英語やフランス語のやうな『主語』は無い。」といふことに、過ぎない。
然るに、
(38)により、
(55)
② 象は鼻が長い。
といふのであれば、
①{象}  以外については、何も述べてはゐないものの、
②{象の鼻}以外については、特には長くない。
といふ風に、述べてゐる。といふことは、要するに、
② 象は鼻が長い。
といふ「日本語」は、「象だけを、話題にしてゐる」。
従って、
(55)により、
(56)
② 象は鼻が長い。
に於ける「話題(トピック)」は、なるほど、「象」である。
然るに、
(57)
② 象は鼻が長い。
に於ける、
② 象 が、「主語」であることと、
② 象は鼻が長い。
に於ける、
② 象は が、「話題(トピック)」であることは、「矛盾」しない
従って、
(57)により、
(58)
『象は鼻が長い』では、「は」が表わすのはの主語ではなくて「主題(トピック)」だと、主張している。のであれば、さうした主張は「誤り」であって、
『象は鼻が長い』の「象」は、「主語」であって、「主題(トピック)」であると、すべきである。
(59)
「分りやすい例」なので、何度も書くものの、
① これは良いです。
② これが良いです。
③ 良いのはこれです。
④ これ以外は良くない。
に於いて、必ずしも、
①=② ではないが、必ず、
  ②=③=④ である。
従って、
(59)により、
(60)
商品をいろいろ見せてもらって選択するときに、
② これがいいです。
とは言はずに、敢へて、
① これはいいです。
と言ふのであれば、
③ 良いのはこれです(とは言へない)。
④ これ以外は良くない(とは言へない)。
といふ、「意味」になる。
従って、
(59)(60)により、
(61)
商品をいろいろ見せてもらって選択するときに、
② これが良いです。
と言ふのであれば、
③ 良いのはこれです。 といふ「意味」になり、
④ これ以外は良くない。といふ「意味」になる。
従って、
(60)(61)により、
(62)
商品をいろいろ見せてもらって選択するときに、
① これはいいです。
② これがいいです。
と言ふのであれば、
① これはいいです(他のを見せて下さい)。
② これがいいです(これを下さい)。
③ 良いのはこれです(これを下さい)。
④ これ以外は良くない(これを下さい)。
といふ、「意味」になる。
従って、
(62)により、
(63)
商品をいろいろ見せてもらって選択するときに、
① これはいいです(他のを見せて下さい)。
② これがいいです(これを下さい)。
といふのであれば、
① と ② では、「反対の意味」になる。
然るに、
(64)
商品をいろいろ見せてもらって選択するときに、で意味が反対になることがある。
 これいいです。(不用)
 これいいです。(入用)
ここで異を立てる方にはハを使っているが、述語が同型意義になっている。不用の方はテモイイ、デモイイ(許可)で、入用の方はほめことば(好適)である。つまり、初めの方は「これはもらわ(有償)なくてもいいです」「これは引っ込めてもらっていいです」などの短絡的表現だろう(三上章、日本語の論理、1963年、156・7頁)。
従って、
(59)~(64)により、
(64)
三上章先生は、
① これは良いです。
② これが良いです。
③ 良いのはこれです。
④ これ以外は良くない。
に於いて、必ずしも、
①=② ではないが、必ず、
  ②=③=④ である。
といふことには、「言及」せずに、
つまり、初めの方は「これはもらわ(有償)なくてもいいです」「これは引っ込めてもらっていいです」などの短絡的表現だろう。
といふ風に、「説明にならない、説明」をしてゐる。
従って、
(64)により、
(65)
三上章先生は、
① これは良いです(他のを見せてください)。
② これ良いです(これを下さい)。
③ 良いのはこれです(これを下さい)。
④ これ以外は良くないこれを下さい)。
に於いて、必ずしも、
①=② ではないが、必ず
  ②=③=④ である。
といふ「事実」に、気付いてゐないに、違ひない。
然るに、
(66)
① AはBである。
② ABである。
③ BはAである。
④ A以外はBでない
に於いて、必ずしも、
①=② ではないが、必ず
  ②=③=④ である。
といふ「基本的な事実」を踏まへないままに、「組み立てられた、日本語の主語に関する理論」が、「正しい」はずがない。
平成30年02月07日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(私が大野です。)
次のページ(「対偶」は「自然演繹」で、「簡単に証明」できる。)
プロフィール

タカ

Author:タカ
写真は蛍雪時代(高三)。この頃に、漢文が好きになりました。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント