「返り点」と「括弧」と「管到」と「補足構造」。 - 返り点に対する「括弧」の用法について提案
FC2ブログ

「返り点」と「括弧」と「管到」と「補足構造」。

(01)
① 下{二(一)上}。
に於いて、
① 二( )⇒( )二
① 下{ }⇒{ }下
といふ「移動」を行ふと、
① {(一)二上}下。
(02)
② 下{二(一)中(上)}。
に於いて、
② 二( )⇒( )二
② 中( )⇒( )中
② 下{ }⇒{ }下
といふ「移動」を行ふと、
② {(一)二(上)中}下。
従って、
(01)(02)により、
(03)
(3)上中下点(上・下、上・中・下)
一二点だけで示しきれない場合。必ず一二点をまたいで返る場合に用いる(数学の式における( )が一二点で、{ }が上中下点に相当するものと考えるとわかりやすい)。
(原田種成、私の漢文講義、1995年、43頁改)
然るに、
(03)により、
(04)
必ず一二点をまたいで返る場合に用いる。
といふことから、例へば、
③ 二 下 一 上
といふ「返り点」は、存在しない。
然るに、
(05)
③ 二(下{一)上}。
に於いて、
③ 二( )⇒( )二
③ 下{ }⇒{ }下
といふ「移動」を行ふと、
③ ({一)二上}下。
然るに、
(06)
①{( )}
は、「括弧」であっても、
③({ )}
といふ「それ」は、「括弧」ではない。
従って、
(04)(05)(06)により、
(07)
③ 二 下 一 上
といふ「返り点」は、存在しないし、
③  ( { ) }
といふ「 括弧 」も、存在しない。
然るに、
(08)
h30レ点 
然るに、
(09)
h30一二点 
従って、
(08)(09)により、
(10)
例へば、
① レ レ レ
② 二 一レ
③ レ 二 レ 一レ
④ レ 下 二 一 上
⑤ レ 三 二 一
⑥ レ 二 レ レ 一
⑦ 下 レ レ 二 一 上
⑧ レ レ 二 一レ 二 一レ
⑨ レ レ 二 一レ レ
⑩ 乙 下 二 レ 一レ 上レ レ 甲レ
⑪ レ レ
⑫ レ 二‐ 一
といふ「(レ点を含む)返り点」は、
① 四 三 二 一
② 三 二 一
③ 丁 丙 二 一 乙 甲
④ 下 中 二 一 上
⑤ 四 三 二 一
⑥ 下 三 二 一 上
⑦ 下 四 三 二 一 上
⑧ 三 二 一、五 四 三 二 一
⑨ 六 五 四 三 二 一
⑩ 人 丙 下 二 一 中 上 乙 甲 二 一 地 天
⑪ 三 二 一
⑫ 三 二- 一
といふ「(レ点を含まない)返り点」に、「置き換へ」ることが、出来る。
然るに、
(11)
h30逆転 
従って、
(10)(11)により、
(12)
「漢字」に「返り点」が付く。 といふことは、言い換へると、
「返り点」に「漢字」が付く。 といふことに、他ならない。
然るに、
(13)
例へば、
⑩ 人{##丙[下〔二(一)中(上)〕乙(甲)]二(一)#地(天)}。
に於いて、
⑩ 二( )⇒( )二
⑩ 中( )⇒( )中
⑩ 下〔 〕⇒〔 〕下
⑩ 乙( )⇒( )乙
⑩ 丙[ ]⇒[ ]丙
⑩ 二( )⇒( )二
⑩ 地( )⇒( )天
⑩ 人{ }⇒{ }人
といふ「移動」を行ふと、
⑩ {##[〔(一)二(上)中〕下(甲)乙]丙(一)二#(天)地}人。
といふ「語順」になる。
従って、
(07)~(13)により、
(14)
(ⅰ)「(レ点を含む)返り点」は、「(レ点を含まない)返り点」に、「置き換へ」ることが、出来る。
(ⅱ)「(レ点を含まない)返り点」は、「括弧」に、「置き換へ」ることが、出来る。
従って、
(14)により、
(15)
(ⅲ)「返り点」は、「括弧」に、「置き換へ」ることが、出来る。
然るに、
(16)
例へば、
⑩ 使籍誠不以畜子憂寒乱心有銭以済医=
⑩ 使{籍誠不[以〔畜(子)憂(寒)〕乱(心)]有(銭)以済(医)}⇒
⑩ {籍誠[〔(子)畜(寒)憂〕以(心)乱]不(銭)有以(医)済}使=
⑩ 籍をして誠に子を畜ひ、寒さを憂ふるを以て心を乱さ不、銭有りて以て医を済さ使む。
といふ「漢文・訓読」に於いて、
⑩ 使 といふ「漢字の意味」は、
⑩  {籍誠不[以〔畜(子)憂(寒)〕乱(心)]有(銭)以済(医)}といふ「15個の漢字」に、及んでゐて、
⑩ 不 といふ「漢字の意味」は、
⑩ [以〔畜(子)憂(寒)〕乱(心)] といふ 「7個の漢字」に、及んでゐて、
⑩  以 といふ「漢字の意味」は、
⑩ 〔畜(子)憂(寒)〕 といふ 「4個の漢字」に、及んでゐて、
⑩ 畜 といふ「漢字の意味」は、           
⑩ (子) といふ 「1個の漢字」に、及んでゐて、
⑩ 憂 といふ「漢字の意味」は、
⑩ (寒) といふ 「1個の漢字」に、及んでゐて、
⑩ 乱 といふ「漢字の意味」は、
⑩ (心) といふ 「1個の漢字」に、及んでゐて、
⑩ 有 といふ「漢字の意味」は、
⑩ (銭 )といふ 「1個の漢字」に、及んでゐて、
⑩ 済 といふ「漢字の意味」は、
⑩ (医) といふ 「1個の漢字」に、及んでゐる。
然るに、
(17)
 【ポイント】
 本章では漢文訓読のための補足をのべる。
「管到」とは、ある語句がそのあとのどの漢字までかかっているか、という範囲のことである。白文の訓読では、それぞれの漢字の意味や品詞を自分で考え、その漢字が後ろのどこまでかかっているか、考えねばならない。
(加藤徹、白文攻略 漢文ひとり学び、2013年、143頁)
然るに、
(18)
漢語における語順は、国語と大きく違っているところがある。すなわち、その補足構造における語順は、国語とは全く反対である。しかし、訓読は、国語の語順に置きかえて読むことが、その大きな原則となっている。それでその補足構造によっている文も、返り点によって、国語としての語順が示されている。
(鈴木直治、中国語と漢文、1975年、296頁)
従って、
(16)(17)(18)により、
(19)
⑩ 使籍誠不以畜子憂寒乱心有銭以済医=
⑩ 使{籍誠不[以〔畜(子)憂(寒)〕乱(心)]有(銭)以済(医)}⇒
⑩ {籍誠[〔(子)畜(寒)憂〕以(心)乱]不(銭)有以(医)済}使=
⑩ 籍をして誠に子を畜ひ、寒さを憂ふるを以て心を乱さ不、銭有りて以て医を済さ使む。
といふ「漢文・訓読」に於ける、
⑩  {   [ 〔 ( ) ( )〕 ( )] ( )  ( )}
といふ「括弧」は、
(ⅰ)「訓読」の「語順」。
(ⅱ)「漢字」の「管到」。
(ⅲ)「漢文」の「補足構造」。
といふ、「三つ」を、表してゐる。
然るに、
(20)
⑩ 使 籍誠不一レ 寒 乱上レ 以済甲レ
に於ける、
⑩ 乙 下 二 レ 一レ 上レ レ 甲レ
といふ「返り点」も、
⑩ 使籍誠不以畜子憂寒乱心有銭以済医。
といふ「漢文」に対する、
⑩ 籍をして誠に子を畜ひ、寒さを憂ふるを以て心を乱さ不、銭有りて以て医を済さ使む。
といふ「訓読の語順」を、表してゐる。
従って、
(19)(20)により、
(21)
⑩ {[〔( )( )〕( )]( )( )}
といふ「括弧」と、
⑩ 乙 下 二 レ 一レ 上レ レ 甲レ
といふ「返り点」は、両方とも、
⑩ 使籍誠不以畜子憂寒乱心有銭以済医。
といふ「漢文」の、
(ⅰ)「訓読」の「語順」。
(ⅱ)「漢字」の「管到」。
(ⅲ)「漢文」の「補足構造」。
といふ、「三つ」を、表してゐる。
然るに、
(22)
括弧は、論理演算子のスコープ(scope)を明示する働きを持つ。スコープは、論理演算子の働きが及ぶ範囲のことをいう。
(産業図書、数理言語学辞典、2013年、四七頁:命題論理、今仁生美)
然るに、
(23)
例へば、
⑫ ∀x{象x→∃y(鼻yx&長y)&∀z(~鼻zx→~長z)}。
⑬ ∀x{[∃y(鼻yx&長y)→∃z(~鼻zx&長z)]→~象x}。
といふ「論理式」の、「管到(スコープ)」を表すために、「返り点」を用ひる。といふことは、普通は、有り得ない。
従って、
(21)(22)(23)により、
(24)
「漢文」であれ、「論理式」であれ、「管到(スコープ)」を表す際に、「より読み易い」のは、「括弧」であって、「返り点」ではない。
然るに、
(25)
「メモ帳」だけを使って、
⑩ 使{籍誠不[以〔畜(子)憂(寒)〕乱(心)]有(銭)以済(医)}。
といふ風に書く方が、「メモ帳とHTML」を用ひて、
⑩ 使 籍誠不一レ 寒 乱上レ 以済甲レ
といふ風に書くよりも、「簡単」である。
従って、
(24)(25)により、
(26)
「括弧」の方が、「返り点」よりも、「読み易く」、尚且つ、「書き易い」。
平成30年12月30日、毛利太。
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(「象は鼻が長い。」の「述語論理」の解説。)
次のページ(返り点と、括弧。)